トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > サイクリングにいってみよう

香港香港/香港特派員ブログ

サイクリングにいってみよう

カテゴリー:スポーツ・観戦 / 美容・健康・病院 / 自然・風景 投稿日:2013年8月21日

 高層ビルが立ち並ぶコンクリートジャングルの香港。繁華街で自転車に乗ることはかなり難しい状況にあります。一方で中心部から電車で30分乗れば自然がたくさんあることを実感できるのも香港の特徴です。土地が小さいからこそと言えます。郊外の街にはサイクリングロードが整備されていますし、自宅から最寄の駅まで自転車で行き、電車に乗り換える人もたくさんいます。最近は、健康にいいということでサイクリングがちょっとした人気となっています。
 また、レンタルの自転車店も少なからずあるので、今回は、香港郊外の大美督(Tai Mei Tuk)というところで自転車を借りてサイクリングを楽しんでみました。

001 cycling shop.JPG

 ここには数件のレンタル自転車店がならんでいます。自転車も数種類あり、ロードレーサータイプ、シティサイクル(いわゆるママチャリ)、マウンテンバイク、2人用、ゴルフカートのような2人用の自転車などがあります。料金ですがママチャリなら大体1時間で10から20ドルくらいです。身分証明が必要なこともあるので香港在住者ならIDカード、観光客ならパスポートを見せます。

002 cycling road.jpg

 香港は日本と同じ左側通行ですが、自転車も同じで左側通行が基本です。香港の場合、今の季節は非常に暑いだけでなく蒸していますので汗をかきやすいので、脱水症状を防ぐためにも飲料水の用意をしておきましょう。女性なら日焼け止めクリームも欲しいところです。あとはどこまで走るかはあなた次第。郊外のサイクリングロードは海沿いに整備されているので海を眺めながら気持ちよく走ることができると思います。

003 view from bicycle.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > サイクリングにいってみよう

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について