トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ごみの分別収集

香港香港/香港特派員ブログ

ごみの分別収集

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2013年8月14日

 香港ではまだごみの分別収集が行われておりません。燃えるゴミ、燃えないゴミ、生ゴミ全部一緒に捨てます。マンションによっては人を雇い、そのまとめて捨てられたゴミ袋を開けて仕分けする場合もありますが、非常に珍しいケースです。分別が普通の日本人にとっては香港に住むと楽ですが、ちょっとした違和感もあるのも事実です。
 香港の場合は土地が狭いのでゴミ捨て場を埋め立て地として利用することも頻繁にありますが、ここ数年でその埋立地がいっぱいになることから香港政府は拡張を計画していました。しかし、地元住民の大反対にあうなど一筋縄ではいかない状況です。分別収集すれば埋立地の寿命も延びるはずですがそんな議論は巻き起こっていません。その位、ゴミに関しては関心が薄いのが実情です。


001 rubbish.jpg

 香港は日本と違ってあちらこちらにオレンジ色のゴミ箱兼灰皿がいたるところに設置されています。そうすることで街並みをきれいにしようとしています。こちらを清掃員が回収するというシステムになっています。また、人によっては通りにある商店によってダンボールなどを回収してそれをリサイクルの業者に販売し、その日の生活資金を稼ぐという人もいます。

002 rubbish worker.jpg

 実は香港の街角や高級マンションには分別されたゴミ箱が設置されていますが、数は多くありませんし、分別されずに捨てられるという残念のケースも見られますので、ゴミに関する問題の解決は香港市民のゴミに対する意識が変わるまで変わらないでしょうから、しばらくの間時間がかかりそうです。

003 rubbish-2.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > ごみの分別収集

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について