トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の病院のかかり方その2(救急編)

香港香港/香港特派員ブログ

香港の病院のかかり方その2(救急編)

カテゴリー:美容・健康・病院 投稿日:2013年5月14日

 2013年の1月に香港の病院のかかり方を書きましたが、今回は何か突発的な怪我といったアクシデントにあったり、夜間に病気になったという緊急のときの病院かかり方をご説明しましょう。香港の公立病院では24時間診療をやっているところはたくさんはありません。湾仔(ワンチャイ)にある律敦治医院(Ruttonjee Hospital)は24時間対応する急症服務(Accident & Emergency)、通称A&Eがあります。

001 Ruttonjee entrance.jpg

病院の入口


 まずは受付で手続きをします。公立病院ですので料金体系はどこも一緒で、香港IDカード保持者なら薬やレントゲンなどすべて込みで100ドル、香港IDカードを持っていない人は570ドルです。

002 Ruttonjee reception.jpg

A&Eの受付


 しばらくすると名前が呼ばれ小さな診察室に向かいます。そこでお医者さんから、どうしたのかという問診、脈拍、血圧の検査を受けます。終了後、医者から紙を手渡されます。紙を見ますと、1つは"少し緊急"と"緊急ではない"という2つのチェックボックスがありどちらかに印がついています。少し緊急の場合は大体90分待ち、急ぎでない場合は3時間も待たせられることがある可能性も。今回は緊急を要するということで90分待ちのほうでした。この紙を渡される通常の診療とは違うところでしょう。ベッドに寝かされた患者と一緒に警察が救急隊員が病院に来ている光景が見えますから、緊急の治療により自分のところに回ってくるのが遅くなるケースを想定して、目安の時間を書かれた紙が渡されるのでしょう。

003 Ruttonjee paper.jpg

こんな紙が渡され、"Semi-Urgent"にマークが。


 待合室にもどり、名前が呼ばれるのを待ちます。待ち時間が長いので、本や携帯の予備のバッテリーを持って暇つぶしを対策を考えたほうがいいと思います。呼ばれた後は通常通り。医者の問診や聴診器で診てもらい、今回はレントゲンを撮影。再び待合室に戻り、待ちます。再び名前が呼ばれて医者から具体的な説明があるという流れです。もう一度、待合室に戻り、しばらくするとまたまた名前が呼ばれます。処方してもらった薬を受け取るためです。薬を受け取り終了。今回の場合は受付から薬受け取りまで1時間半でしたので、短いほうだったと思います。

004 Ruttonjee waiting.jpg

ひたすら待ちます

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

武田 信晃

香港・香港特派員の武田 信晃が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

香港香港/香港特派員
名前:武田 信晃

武田 信晃

新聞社や香港現地邦人紙の記者/編集者を経て、フリーランス・ライターとして活動中。香港との関わりは2001年から。2004年より女性向けライフスタイルブランドのLiuciaを共同で香港で立ち上げ、そちらの経営も行っている。会社を経営していることを生かし香港、中国経済の変化をいち早く記事に反映させている。スポーツ、グルメ、エンタメもカバーもしている。 DISQUS ID @disqus_ej0NF1oXov

香港特派員トップにもどる

その他の香港の特派員

ホンコン(香港)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

香港特派員トップにもどる

トップ > アジア > 香港 > 香港特派員 > 香港の病院のかかり方その2(救急編)

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について