トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員ブログ

まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月16日

CIMG6940.JPG
山梨でも有数の紅葉スポット『昇仙峡』を歩いてきました。
渓谷沿いに遊歩道が整備されているので、ウォーキングにはうってつけなんです。
CIMG6832.JPG
トップの写真の長潭橋(ながとろばし)近く、天神森の無料駐車場に車を停め、スタートしました。この道は、7月~11月のあいだ、土日祭日は車両通行止め、平日は車は登りの一方通行になります。
CIMG6852.JPG
流れる渓谷には名前がついた石がたくさんあるんですよ。「トーフ石」ってどれだろう。
看板近くにあるQRコードを読み取れば、わかります。サイトを開くと写真と説明文が。
「夏は冷ややっこ。冬は湯豆腐・・・あなたはどちらを思い浮かべましたか?」だって(笑)
CIMG6850.JPG
左下に写っている四角い石がそうでした。おもしろーい!
CIMG6871.JPG
「大佛岩」矢印が上を向いてるけど?
CIMG6870.JPG
振り向くと、この景色。たしかに大仏様が印を結んでいるようにも見えますね~
CIMG6888.JPG
渓流と紅葉って、いいなあ。癒されるなあ。
CIMG6891.JPG
突如真っ赤なスポットが、現れました。「天鼓林(てんこりん)」と呼ばれる場所ですが、モミジの絨毯とまだ枝々に残っている葉の赤が、ひとつになって目に飛び込んできました。
CIMG6900.JPG
夢のなかにいるみたい。
CIMG6897.JPG
前を見ても、足もとを見下ろしても、上を見上げても、赤です。
CIMG6909.JPG
銀杏の黄色が美しい場所もありました。もうすぐ中間地点の「グリーンライン昇仙峡バス停」です。
CIMG7019.JPG
「グリーンライン昇仙峡バス停」から先へ歩くと、この「覚円峰(かくえんぼう)」が美しく見える「夢の松島」を通ります。
CIMG6999.JPG
そして、巨大な花崗岩に囲まれた「石門」を通り抜けて。
CIMG6990.JPG
「仙娥滝(せんがたき)」へと続きます。
このコースで約1時間20分。昇仙峡観光協会ホームページの「トレッキングコース」 です。
ほかにも「モデルコース」 がいくつか載っています。体調や気分に合わせて楽しく歩けるといいですね。
帰りは路線バスで車まで戻りましたが、1時間に1本くらいしかないので、ご注意ください。
CIMG6928.JPG
よく歩いたなあ。おなか減った(笑)
車を停めた『菅原屋』さんで、ほうとう(税込み1,000円)をいただきました。自家製米麹味噌で味つけしたさっぱり風味のほうとうでした。美味しかった!


まだもう少しのあいだ、紅葉楽しめます♩ 
「昇仙峡仙娥滝ライトアップ」 は、11月24日(土)までです。

*********************
『昇仙峡』
昇仙峡観光協会ホームページ https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/
アクセス/駐車場 https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/アクセス・駐車場.html
昇仙峡マップダウンロード https://www.shosenkyo-kankoukyokai.com/昇仙峡の地図.html
昇仙峡観光協会 電話 055-287-2158 055-287-2555 090-8648-0243

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

水月さえ

日本国内・北杜・山梨特派員の水月さえが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/北杜・山梨特派員
名前:水月さえ

水月さえ

2000年に、ここ北杜市明野町に移住してきました。夫が営む広告会社で経理を担当するかたわら、日々随筆をかいています。本を読むことと、気ままな旅行、料理と雑貨と食べること、そしてお酒が大好きです。3人の子育て経験や女性ならではの視点、食いしん坊の資質を生かして、山梨の魅力を発信していきたいと思っています。食と田舎暮らしと読書を中心に随筆を綴っているブログ『はりねずみが眠るとき』は毎日更新中。 DISQUS ID @disqus_dnZjg860jf

北杜・山梨特派員トップにもどる


山梨県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

北杜・山梨特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 北杜・山梨特派員 > まだ間に合う!紅葉の『昇仙峡』ウォーキング♩

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について