トップ > アジア > ベトナム > ホーチミン特派員 > ホーチミンにあるアジア最古の動植物園

ベトナムベトナム/ホーチミン特派員ブログ

ホーチミンにあるアジア最古の動植物園

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年11月30日

ホーチミン市内の1区にある『サイゴン動植物園(Saigon Zoo and Botanical Garden)』


1864年に植物園として設立されたこの施設は、
アジアで一番古い動植物園としても知られています。


サイゴン動物園1.jpg


入場料は、年齢ではなく身長で区分けされています。


身長が1.3m未満は3万ドン(約150円)
それ以上は5万ドン(約250円)です。


園内は緑が生い茂っていて、
一年中の夏のホーチミンでは市民の憩いの場ともなっています。

サイゴン動物園2.jpg

イラストで動物の位置を表している園内案内図。


なんとも不思議な雰囲気が漂いますが、園内を散策するときに自分の位置を知るときにも便利なので、この案内図の写真を撮っておくのがお薦めです。


ちなみに、日本の動物園のように入口で園内案内図などの配布はありません。


現在はかなり広い敷地で運営されていますが、設立当初はもっと小さい規模で管理されていました。

ベトナム戦争で破壊された経緯もあり、修復を繰り返し、今のような形になったそうです。


広い園内には多くの動植物が顕在していて、その数100種類以上
1000頭ほどの動物が飼育されていると言われています。


サイゴン動物園4.jpg


動物園と聞くと思い浮かぶ、ゾウやライオン、キリンといった動物はもちろん
ホワイトタイガーや絶滅危惧種に指定されているコビトカバも見ることができます。

こちらの動植物園の強みは、動物たちとの距離が近いこと。

安全面上の柵はありますが、日本の動物園よりも距離が近く身近で動物たちを観ることができます。


また、動物たちを見るだけでなく、餌やりをすることもできます。

サイゴン動物園3.jpg

動物によっては、このように餌を待っているものもいますよ。


餌は、対象の動物がいる場所の近くに販売されている方がいるので、そこで購入します。

餌により金額は異なりますが、1カップ4,000ドン〜10,000ドン(約20〜50円)


そして、
忘れてはいけないのが、ここは東南アジアということ...


サイゴン動物園7.JPG


楽しみに見に来た動物たちも、日中のうだるような暑さであまり活動していないことも多いです。


基本的に屋外の動物園は、日中の日差しや気温は人間にとってもつらいものです。

午前中の早い時間か午後の夕方前など、
昼間の一番暑い時間を避けて入園するようにしてくださいね。

そして、こちらの動植物園には子供には嬉しい施設が多くあります!

サイゴン動物園5.JPG

こちらは、動物と触れ合える場所。

中にはヤギがいて、餌をあげたり一緒に遊べたりもします。
係りの方が常駐しているので安心ですね。


日本の動物園にもこのような場所はありますよね。
子供たちが楽しいと思う感覚、というのは世界共通なのかもしれないですね。

サイゴン動物園6.jpg

また、暑い園内には涼めるスポットして水遊びの施設もあります。

こちらも子供やその家族が利用するのが基本ですが、遠目で見てもかなり涼しそうです。

サイゴン動植物園に来られるお子さんは、水着も忘れずにお持ちくださいね!


この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

おはな

ベトナム・旧ホーチミン特派員のおはなが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベトナムベトナム/旧ホーチミン特派員
名前:おはな

おはな

ホーチミン特派員トップにもどる

その他のベトナムの特派員

ホーチミンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ホーチミン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ベトナム > ホーチミン特派員 > ホーチミンにあるアジア最古の動植物園

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について