トップ > アジア > ベトナム > ホーチミン特派員 > 結婚は華やかさが命

ベトナムベトナム/ホーチミン特派員ブログ

結婚は華やかさが命

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2011年6月 8日

少し前のことですが、知人の結婚式に出席したので、今回はベトナムの結婚式についてご紹介しましょう。結婚式の段取りは日本同様、式・披露宴にわかれています。

式自体はお互いの家や教会などでおこなわれ、親族や極親しい間柄の人のみが参加します。でもってその後、大勢を集めての披露宴、となります。

今回は式に出なかったので式は割愛しますが、東南アジア全般言えることかもしれませんが、こちらの披露宴は基本的にハデ。200300人の招待客は当たり前、とにかく記念の日をこれでもか、と華やかに盛りたてます。


ちなみに、基本的な披露宴のスケジュールはこんな感じ。

  開場→開宴

  ダンサー入場・ダンス

  新郎新婦入場

  新郎新婦の両親入場

  両親への挨拶

  ケーキカット&シャンパンタワー

  食事開始

  お色直し→新郎新婦が各テーブルをまわり記念撮影

  バックバンドによるカラオケ大会に突入

  コースの料理が終わると流れ解散

  最後に出口で新郎新婦と記念撮影


 なお、指輪の交換はあったり、なかったり。すでに式で済ませているので、ない場合が多いかも。ベトナムの披露宴はダンサーやバックバンド付きでとにかく華やか。なかなかないかもしれませんが、行く機会があれば、ぜひ体験してみることをおすすめします。


披露宴会場で撮影する新郎新婦

P3200013.JPG


披露宴会場の前には、巨大な新郎新婦のパネルが

P3200028.JPG


新郎新婦をのせて会場へと向かうメルヘンな自動車

P3200030.JPG


舞台へと進む新郎新婦。後ろにつくのは、なぜかブーケを手に、ウェディングドレスをまとった大勢のダンサーたち

P3200017.JPG


ちなみに、おまけで。気になる結婚式のマナーについて。


●服装は「それなり」に「こぎれい」に。ジーパン&TシャツでもOKですが、男性は襟つきシャツくらいは着ておきたいです。上着・ネクタイは、よほどの仕事関係・偉い人関係でなければいりません。女性はちょっとしたカジュアルパーティーに出るくらいの服装で。

●ご祝儀は来場時に受付で、設置されているご祝儀箱に入れます。ご祝儀袋は必要ありません。招待状がはいっていた封筒には自分の名前が書かれているので、それに入れて返します。非常に簡潔・合理的です。

●子供・友人連れでもOK。招待客の知り合いなら、飛び込みでの参加も問題なしです。


では、また次回。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

杉田 憲昭

ベトナム・旧ホーチミン特派員の杉田 憲昭が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ベトナムベトナム/旧ホーチミン特派員
名前:杉田 憲昭

杉田 憲昭

ホーチミン特派員トップにもどる

その他のベトナムの特派員

ホーチミンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ホーチミン特派員トップにもどる

トップ > アジア > ベトナム > ホーチミン特派員 > 結婚は華やかさが命

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について