トップ > ヨーロッパ > フィンランド > ヘルシンキ特派員 > 新型コロナウイルス:フィンランド、ヘルシンキの現在の町の様子、ストックマン百貨店

フィンランドフィンランド/ヘルシンキ特派員ブログ

新型コロナウイルス:フィンランド、ヘルシンキの現在の町の様子、ストックマン百貨店

カテゴリー:お知らせ / ショッピング・雑貨・お土産 / 天気・気候・気温 / 文化・芸術・美術 / 旅行・ツアー・ホテル / 治安・渡航安全情報 / 生活・習慣・マナー / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年6月30日

フィンランドでは、6月以降規制緩和へ向け段階的に動きはじめていますが、生活自体にあまり変化はないものの第二波が懸念されます。
6月後半とはいえ異例の暑さで、ヘルシンキでも27度を超え、内陸部では30度超えが数日間続き珍しく夏日でした。
しかしそんな晴れ間も束の間、昨日から再び気温が急降下で17度前後、大雨です。今週はずっと20度を下回り例年どおりの気温と天気といった感じです。


規制緩和でフィンランド国内を移動ができるようになったこともあり、夏至祭は夏季休暇で8日間車でフィンランド国内を2000km走ってきました。
幸い連日の夏日でお天気に恵まれ、暑いくらいでしたが、毎日湖で泳いで最高の夏休みとなりました。
夏休みの車の旅については、ブログYouTube に映像を載せていますのでまたよかったらご覧ください。


ヘルシンキの町の様子は、まだまだばらつきがあります。レストランやカフェ、ホテルなどは再開したところ、いまだ閉鎖中のところ、店内飲食禁止でテラス席のみの営業など、それぞれに対応している印象でこの時期フィンランド人は皆サマーコテージで過ごすこともあり、人はまばら。
町なかは人影も少なく、もちろん観光客もいないので、とても静かです。
ストックマン百貨店もコロナの影響で経営に大打撃を受けておりますが、
IMG_6492.JPG
現在のストックマン百貨店正面入口。ストックマンロゴが変わり、「#ourstockmann (私たちのストックマン)」サポートしよう。という意味合いです。

IMG_6496.JPG
「Thank you for the world`s best customers, you are our inspiration! (世界一のお客さまにありがとう! お客さまは私たちのインスピレーションです)」と大きく掲げられています。
なんとか頑張って持ちこたえて欲しいものです。
第二波が心配されますが、皆さまもどうぞお体に気をつけてよい夏をお過ごしください。


All Photos & Text: Yuko Räsänen

2020年の夏はフインランド旅行が叶わないけれど、少しでも今のフィンランド・ヘルシンキの空気を味わいたい方は、チャンネル登録よろしくお願いします。
YouTube「Moi Finland フィンランド暮らし」
ウェブサイト

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラサネン 優子

フィンランド・ヘルシンキ特派員のラサネン 優子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィンランドフィンランド/ヘルシンキ特派員
名前:ラサネン 優子

ラサネン 優子

フィンランドの首都、ヘルシンキ在住5年目。7年間のロンドン生活を経て、ヨーロッパ生活は12年目。2011年夏に初めてフィンランドを訪れ、澄んだ空気、まるで、今にもムーミンが出てきそうな広大な湖と森に体も心も癒され、一気にフィンランドのとりこになったのが移住のきっかけ。現地企業に就職し、フィンランド人の夫と出会い結婚。 コーディネート、ライター、視察ガイドの仕事をしています。ヘルシンキのトレンド・レストラン・デザイン情報など、ヘルシンキの魅力をたっぷりとお届けいたします。記事執筆、コーディネート、ガイドのご依頼はお気軽にお問い合わせください。
ウェブサイト
Expat by クーリエ・ジャポン
フェイスブック
インスタグラム DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

ヘルシンキ特派員トップにもどる

その他のフィンランドの特派員

ヘルシンキを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヘルシンキ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フィンランド > ヘルシンキ特派員 > 新型コロナウイルス:フィンランド、ヘルシンキの現在の町の様子、ストックマン百貨店

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について