トップ > ヨーロッパ > フィンランド > ヘルシンキ特派員 > オススメのミュージアム(4):ディドリシュセン美術館編 

フィンランドフィンランド/ヘルシンキ特派員ブログ

オススメのミュージアム(4):ディドリシュセン美術館編 

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2019年4月15日

ヘルシンキのオススメのミュージアムシリーズ第4弾は、ヘルシンキきっての富裕層が暮らす島々の一つ、クーシサーリ(Kuusisaari)という島の閑静な別荘地に佇む、Didrichsen Art Museum(ディドリシュセン美術館)です。
このあたりは、日本をはじめ各国の大使公邸が多く集まり海に面した邸宅が広々とした敷地に建っています。中心地からは少し離れていますが、ヘルシンキの海辺の優雅な別荘地の雰囲気を味わうには最高のロケーションです。

IMG_0814.jpeg
設計は、フィンランド人建築家のViljo Revell氏によるもので、ヴィルヨはこの他にもLasipalatsi、パレスホテル、中央駅前のマッカラタロなどを設計を手掛けている。

IMG_0852.jpeg

IMG_0813 2.jpeg
現在、フィンランド人の画家Karoliina Hellberg氏の展覧が行われており、開催は5月5日まで。
フィンランド語によるガイドツアーもあり。

IMG_0879.jpeg
素敵な内装で、窓際のソファでは海を眺めながらゆっくりできます。

IMG_0843.jpeg
ミュージアムショップとカフェはコンパクトなスペース。

IMG_0886.jpeg
美術館の庭にも彫刻アートが所々に並んでおり、目の前の海辺まで歩いて行けます。足元にはブルーベリーが一面に。

IMG_0906.jpeg
海から見た美術館の建物。ボートでもアクセスできるように桟橋があります。

IMG_0908.jpeg
アートはもちろんのこと、夏の間は、最高の環境でオススメのスポットです。ここまで足を伸ばしてみる価値は十分にあります。


それでは、次回は第5弾に続きます。
お楽しみに〜Moi moi!

Didrichsen Art Museum(ディドリシュセン美術館): https://www.didrichsenmuseum.fi/eng/
住所:Kuusilahdenkuja 1, 00340 Helsinki


All Photos & Text: Yuko Räsänen

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ラサネン 優子

フィンランド・ヘルシンキ特派員のラサネン 優子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

フィンランドフィンランド/ヘルシンキ特派員
名前:ラサネン 優子

ラサネン 優子

フィンランドの首都、ヘルシンキ在住5年目。7年間のロンドン生活を経て、ヨーロッパ生活は12年目。2011年夏に初めてフィンランドを訪れ、澄んだ空気、まるで、今にもムーミンが出てきそうな広大な湖と森に体も心も癒され、一気にフィンランドのとりこになったのが移住のきっかけ。現地企業に就職し、フィンランド人の夫と出会い結婚。 コーディネート、ライター、視察ガイドの仕事をしています。ヘルシンキのトレンド・レストラン・デザイン情報など、ヘルシンキの魅力をたっぷりとお届けいたします。記事執筆、コーディネート、ガイドのご依頼はお気軽にお問い合わせください。
ウェブサイト
Expat by クーリエ・ジャポン
フェイスブック
インスタグラム DISQUS ID @disqus_Fmhc9y4wB7

ヘルシンキ特派員トップにもどる

その他のフィンランドの特派員

ヘルシンキを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヘルシンキ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > フィンランド > ヘルシンキ特派員 > オススメのミュージアム(4):ディドリシュセン美術館編 

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について