トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 秘密結社のイメージ刷新?「フリーメイソン」ロンドン本部の新ギャラリー公開

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

秘密結社のイメージ刷新?「フリーメイソン」ロンドン本部の新ギャラリー公開

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年10月20日

貴方はフリーメイソンって、どんなイメージ抱いてますか?なーんて、かく言う私は今まであまり興味がなかったので、「ユダヤ系の人々を中心とした相互利益を守る秘密結社・・・かなぁ」くらいの認識だったんですよ。


300m1.jpg


でも先日ロンドンに来てた姉が、「そのイギリス本部に新しいギャラリーが出来たらしいから行ってみたい!」って。以前から博物館&図書館が一般公開されてるのは知ってたものの、特に関心がなくて未経験だったのです。


300m2.jpg


はるばる東京から来てくれた姉のリクエストなので、じゃあ行ってみようかな!という事になりました。最寄りの地下鉄駅はホルボーン、またはコヴェント・ガーデン。ギャラリーや図書館は2階にあります。


300m4.jpg


フリーメイソンの起源には色んな説があるらしいけど、一般的には中世の石工たちが互助会みたいなのを発足したのが始まりって言われてます。そのせいか会員のセレモニーには石工が身に着けたエプロンを模したものを着用するし、仕事道具のコンパスや定規がシンボルにもなっているんですよ。


300m3.jpg


この巨大な椅子は、のちにイギリス国王となったジョージ4世が皇太子時代にイギリス本部のグランド・マスターだった時のもの。200キロもある巨漢だったそうですが、この椅子ならば目の錯覚で(?)ややスリムに見えたかもしれません。笑


300m.jpg


こちらは以前からある、図書館&博物館のほう。数年前までは写真撮影を禁止していたようだけど、今は先ほどの新ギャラリーともども写真OKです(フラッシュは不可)。


300m5.jpg


「どうして写真撮影をしても良い方針に変わったのですか?」と係の方に尋ねたら、「う~ん今は旅行の口コミサイトとかで否定的なこと書かれちゃうしね・・・それよりインスタ等で宣伝してもらった方が入館者が増えるしって事じゃないかなぁ」だって。^^


300m6.jpg


マッカーサー元帥やチャーチル英国首相、さかのぼってはモーツァルトまでフリーメイソンだったほど隆盛を誇っていた友愛結社。時代の流れとともに、その体質も変わっていくのかもしれないなぁ~と思いました!


フリーメイソンズ・ホール
住所: 60 Great Queen St, London WC2B 5AZ
ウェブサイト http://freemasonry.london.museum/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 秘密結社のイメージ刷新?「フリーメイソン」ロンドン本部の新ギャラリー公開

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について