トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した「ヒルトップ・ハウス」

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した「ヒルトップ・ハウス」

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年8月 7日

湖水地方は、ピーター・ラビットの絵本作家として有名なビアトリクス・ポターが愛してやまなかった場所です。ロンドンの富裕な家庭に生まれながら、有閑階級の暮らしよりも美しい自然に溢れたこの地に移り住んだ彼女は・・・。


arubea.jpg


この「ヒルトップ・ハウス」に住まいを構えて、農場経営や景観保護運動に取り組みながら、創作活動を続けました。


arubea1.jpg


やがて地元の弁護士ウィリアム・ヒーリスと結婚してからは住宅を近隣の家に移し、この「ヒルトップ・ハウス」は仕事場そしてアトリエとして、日中の殆どをここで過ごしていました。


arubea2.jpg


いわば「家庭に仕事を持ち込まない主義」によって弁護士である夫との家庭を大切にしながら、こよなく愛する自分の聖地を活動拠点にしていたんですね。

arubea4.jpg


家具や備品など、すべてビアトリクスが愛用していた品々ばかり。ここを管理・運営している景観保護団体「ナショナル・トラスト」によって、今夏からは内部の写真撮影もOKになりました。


arubea3.jpg


飾り棚の中には、ピーター・ラビットと仲間たちのオリジナル・フィギュアや子供用食器セットなども。ビアトリクス・ポターは絵本が刊行された当初から著作権ビジネスに熱心で、絵本の印税だけでは到底なしえなかった収入を得ました。


arubea6.jpg


その資産を投じて周辺の農場や土地を買い上げ、美しい景観を乱開発から守って・・・ビアトリクスと夫の死後は、その殆どがナショナル・トラストに寄贈されました。


arubea7.jpg


類まれな才能だけでなく、惜しみない努力と探求心で湖水地方の自然を次世代に遺した彼女の生涯は、ナショナル・トラストの公式ガイドブック「ビアトリクス・ポターのヒルトップ(日本語版)」で分かり易く読む事が出来ます。


arubea8.jpg


フルカラーで全50ページのこの本は、「ヒルトップ・ハウス」に付随したこちらのショップで売っていましたが(£5.00、2016年7月現在)、イギリスの書店でも購入可能です。


arubea5.jpg


あちらに見える白い家は、ビアトリクスと夫ウィリアムの自宅。周辺には「こねこのトムのおはなし」に出てくる白い門を始め、絵本に登場する建物や道がいっぱい!ピーター・ラビットの世界に浸れる「ヒルトップ・ハウス」なのです。


ナショナル・トラスト「ヒルトップ・ハウス」
https://www.nationaltrust.org.uk/hill-top

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > ピーター・ラビット作者ビアトリクス・ポターが愛した「ヒルトップ・ハウス」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について