トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 16歳のビアトリクス・ポターが湖水地方で滞在した「レイ・キャッスル」

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

16歳のビアトリクス・ポターが湖水地方で滞在した「レイ・キャッスル」

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年8月31日

湖水地方のウィンダミア湖畔には、「レイ・キャッスル」と呼ばれるゴシック様式を模した城があります。


bcast.jpg


一見とても古そうに見えるけれど、実はここ1840年に富裕な医師夫妻が建てたもの。本当に王様やお姫様が住んでいた城じゃないんです。いわば19世紀の成金趣味的な豪邸だったんですね(笑)。


bcast1.jpg


でも、その医師夫妻の亡き後は甥のエドワード・ローンズリーが、この城を相続して・・・やがて高級な貸別荘としても利用されるようになった頃、


bcast2.jpg


まだ16歳だったビアトリクス・ポターが、両親や弟とともに初めて湖水地方で夏の休暇を過ごした場所なんですよ!


bcast3.jpg


これが当時の写真。愛犬スポットと一緒に、父親のカメラに収まったビアトリクス少女です。そして彼女はここで城主エドワードの従妹キャノン・ハードウィック・ローンズリーに出会い、彼らが構想を練っていたナショナル・トラスト(イギリスの自然景観を守る運動団体)に深く共鳴するようになります。


bcast5.jpg


やがて「ピーター・ラビット」など一連の絵本作家として得た収益を投じて、湖水地方に移り住みその美しい自然を守る活動に多大な貢献をしていきました。


bcast4.jpg


もちろん今では、この「レイ・キャッスル」もナショナル・トラストの所有。愛らしい動物や自然を心から愛したビアトリクス・ポターが16歳の夏休みを過ごした場所を、いつか貴方も訪れてみませんか?

レイ・キャッスル(ナショナル・トラスト)URL:https://www.nationaltrust.org.uk/wray-castle

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

在英25年。ロンドンでの会社員生活をセミリタイアし、イングランド西部とロンドン、娘ファミリーが住むヨークシャー、相方の実家のギリシャ・アテネを往復する日々。初めてイギリスへいらっしゃる方にも分かりやすいロンドン観光情報を中心に、イギリスやヨーロッパの情報もご案内いたします。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら♪

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 16歳のビアトリクス・ポターが湖水地方で滞在した「レイ・キャッスル」

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について