トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 人気ドラマ「ダウントン・アビー」で一躍有名になった、ハイクレア城へ♪

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

人気ドラマ「ダウントン・アビー」で一躍有名になった、ハイクレア城へ♪

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年6月22日

英国政府観光庁の主催による、ハイクレア城へのプレス向けツアーに参加させて頂きました。バークシャー州とハンプシャー州にまたがる広大な敷地を有するこの城は、現在もカーナヴォン伯爵家が所有し実際に住んでいます。


cle1.jpg


ここは映画やTVの撮影にもよく使われていて、特に2010年から2015年にかけて放映された連続TVドラマ「ダウントン・アビー」の中では、貴族である主人公一族の居城という設定になりました。


cle2.jpg


今もある城は17世紀に建てたもの。中はもちろん、さすが本物の貴族の館!という重厚で豪華な部屋の数々・・・でも残念ながら、城内での撮影は禁止です。


cle3.jpg


一方5,000エーカー(約612万坪)もある敷地は、イギリスの風景式庭園というスタイルを確立させた人物といわれる、ケイパビリティ・ブラウンの手によるもの。


cle4.jpg


まるで自然のままのように見える風景ですよね?でも木々の選定や配置から、なだらかな丘陵や小川・湖にいたるまで、巧妙に造園された作品なのです。


cle5.jpg


みずから道案内をしてくれたカーナヴォン伯爵夫人が、敷地内に沢山の群れをなす羊たちを指差して、「あの子たちは芝刈りスタッフですよ♪」と言ってたけれど、これだけ広いと羊の大群でもムリでしょう。笑


cle6.jpg


半円型のトピアリーがならぶ庭、ドラマの中でよく使われたベンチなど、隅々まで手入れが行き届いていてホントに素敵。


cle7.jpg

cle8.jpg


城内と庭園の見学ツアーや伯爵ご夫妻との質疑応答タイムなどが終わった頃には、庭に面した仮設会場にランチの用意が整っていました。


cle9.jpg


ビュッフェ形式で頂いたサンドウィッチ、スープ、ケーキ等・・・どれもクォリティが高くて美味!


cle10.jpg


このハイクレア城は夏季の限定期間に一般公開されていますが、とても人気があるため今年のウェブ予約枠は既に完売。とはいえ幾つかの特別イベントはまだ予約可能で、直近では9月10日&11日の「ヴィンテージ・ガーデンパーティー」は1人£120で受付中です(6月21日本日現在)。


cle11a.jpg

cle11.jpg


ロンドンから車で一時間ほどだから日帰りでOK。ドラマのファンでなくとも、十分に楽しめるハイクレア城です。


cle12.jpg


アドレス: Highclere Castle, Newbury, West Berkshire RG20 9RN
TEL: 01635 253210
URL: http://www.highclerecastle.co.uk/
ヴィンテージ・ガーデンパーティー受付: https://highclerecastleshop.co.uk/categories/vintage-garden-party


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 人気ドラマ「ダウントン・アビー」で一躍有名になった、ハイクレア城へ♪

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について