トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 英国の「ご飯もの」朝食・ケジャリーは仄かなカレー風味

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

英国の「ご飯もの」朝食・ケジャリーは仄かなカレー風味

カテゴリー:お題 / レストラン・料理・食材 投稿日:2015年10月18日

旅先では、朝ご飯もお楽しみの一つですよね!特にホテル滞在だとビュッフェ式の朝食をいただく事が多いから、もう朝からよりどりみどり。何を選ぼうかなぁって、嬉しい悩みだったりします。


asagohan7.jpg


食いしん坊の私は、つい多めに取りすぎて朝からお腹一杯!になりがち。するとお昼になってもお腹が空かない事がよくあるので、考えようによっては観光にタップリ時間が費やせて効率的かもしれません。笑


asagohan6.jpg


でもビュッフェだけでなく単品でも注文できる場合には、ケジャリーもお勧め。カレー風味の雑炊状ご飯に、燻製のタラ(またはサーモン)と卵を加えたものが一般的です。下の写真は、以前チェスターのグロヴナー・ホテルで頂いたもの。


asagohan5.jpg


大きめのタラの下には、ざく切りのゆで卵を混ぜた仄かなカレー風味のご飯。汁気が多くて熱々なので、身体が温まりました。


元々はインドでお米やレンズ豆を主に使ったキチリまたはキチャリという料理を、植民地時代に滞在していた英国人が母国にも広めたのが由来。でもヴィクトリア時代の人々は本格的スパイシーなカレーはまだ苦手だったようで、クリームや卵を加えてマイルドに仕上げたレシピが今でも受け継がれています。


asagohan.jpg


こちらはホテルではなく、「ジ・ウォルズリー」というピカデリーにあるカフェ。


asagohan1.jpg


ここでも朝食タイムには、メニューのひとつにケジャリーがあります。

こちらのケジャリーは、燻製タラがご飯に混ぜ込んであるタイプ。そして半熟のポーチト・エッグがとろ~り・・・。色でも分かると思いますが前出のものより更にスパイシーで、私はこっちの方が好みでした♪


asagohan3.jpg


ここは週七日、朝から深夜まで営業していますが、朝食メニューは11時半まで。ザ・リッツ・ホテルの隣にあって分かりやすい場所だから、朝からピカデリーやグリーン・パーク周辺を散策した時などに、一度このケジャリーを召し上がってみませんか?

(今月のお題:ご飯もの)


asagohan4.jpg


「ジ・ウォルズリー」
The Wolseley, 160 Piccadilly, London W1J 9EB
Tel: 020 7499 6996
https://www.thewolseley.com/

月~金 07:00-24:00
土 08:00-24:00
日 08:00-23:00
最寄り地下鉄駅:グリーン・パークまたはピカデリー・サーカス

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > 英国の「ご飯もの」朝食・ケジャリーは仄かなカレー風味

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について