トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > チケットは一年有効で結構お得!ロンドン交​通博物館

イギリスイギリス/ヒースロー特派員ブログ

チケットは一年有効で結構お得!ロンドン交​通博物館

カテゴリー:お題 / 交通・鉄道・航空 / 文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2015年8月16日

ロンドン中心地にあってショッピング・観光・グルメ・・・と何でも揃う、コヴェント・ガーデン。ロイヤル・オペラ・ハウスを始め劇場も集中するエリアなので、昼夜を問わず賑わいます。


bus.jpg


その中心となるピアッツァ(広場)の一角には、ロンドン交通博物館もありますよ。


bus1.jpg


ここは、18歳未満ならば入場無料。大人は£16.00の入場料がかかりますが・・・なんと、これ一年間有効なんです!だからお子様のいるファミリーにはお勧め。(それと鉄ちゃん&鉄子の乗り物ファンにも。笑) ちなみに2回め以降の入場時には、このチケットと共に身分証明を求められますので、パスポートや運転免許証などID持参をお忘れなく。


bus2.jpg


入り口から展示場へ続くリフト(エレベーター)に乗ると、実際には地階である階数の表示が「2015」という年号で・・・リフトが上り始めるとタイムマシーンのようにその数字が遡って、展示がスタートする階で止まると「1800」になります。


bus3.jpg


そう、ここは1800年代のロンドン。当時はこんな乗り物が、ロンドンの街を駆け抜けるタクシーだったんですねー。


bus4.jpg


こちらはオムニバスと呼ばれた乗り合い馬車です。このオムニバスを略したのが、現在の乗り合い自動車=バス。


bus5.jpg


中に入ったら、こんな先客たちが乗っていましたよ~。^^


bus6.jpg


ヴィクトリア時代、市民の交通手段って馬車が主流でした。


bus7.jpg


1900年までには、5万頭の馬がロンドンの街で稼働していたそうで・・・彼らが路上に落とす馬フンは毎日1,000トンだったというから、ちょっと想像できないですよね!


bus8.jpg


やがて鉄道の時代がやってきて、近代化されたロンドン交通網が発展していくのでした。


bus9.jpg


そして自動車の時代に突入します。


bus10.jpg


最後には今後の交通モデル構想も。エネルギーや環境問題なども含めて、数十年後にはどんな未来版オムニバスがロンドン市民を運んでいるのでしょう・・・?


bus13.jpg


プレイ・エリアでは、子供達が楽しそうに遊んでいます。


bus11.jpg


ロンドン繁華街での観光やショッピングって、幼いお子様にとっては退屈だったりしますから。途中でこんなプレイ・エリアで遊べる博物館に立ち寄ってあげれば、きっと喜んで元気回復しますよね!


bus12.jpg


(8月のお題: 僕の&私の夏休み)


ロンドン交通博物館
London Transport Museum
Covent Garden Piazza
London WC2E 7BB
電話:020 7379 6344
http://www.ltmuseum.co.uk/
最寄り地下鉄駅: コヴェント・ガーデン


週7日オープン
土~木 10:00-18:00
金 11:00-18:00
(いずれも最終の入館可能時刻は17:15)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

小野 雅子

イギリス・ヒースロー特派員の小野 雅子が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ヒースロー特派員
名前:小野 雅子

小野 雅子

ロンドン西郊外に住む会社員、職場はヒースロー空港周辺です。在英20年以上の経験値を発揮して、初めてイギリスへいらっしゃる方にも興味深く分かりやすいロンドン観光&生活ガイドとしてお役に立てれば…と思います。個人ブログ「ロンパラ!」はこちら

ヒースロー特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

イギリス その他の都市を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ヒースロー特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ヒースロー特派員 > チケットは一年有効で結構お得!ロンドン交​通博物館

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について