トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ハンブルク特派員 > ブレーメン:ベッヒャー通りのグロッケンシュピール

ドイツドイツ/ハンブルク特派員ブログ

ブレーメン:ベッヒャー通りのグロッケンシュピール

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月 7日

ブレーメンを代表する観光スポット、ベッヒャー通り。

IMG_3171.JPG

通りの長さは100mだけなのですが、中世の街並みを再現した路地は一見の価値があります。

IMG_3370.JPG

そして路地を彩るお店はどれも可愛らしくて、ブレーメンのお土産探しにピッタリの場所でもあります。

.

このベッヒャー通りで一番有名な観光スポット言えば、グロッケンシュピール。通りの創案者であるコーヒー商人Ludwig Roselius(ルードヴィッヒ ロゼリウス)が、通りに何か新しいアトラクションを、と希望して始まりました。鐘には陶器が使用されていますが、理由としては銅では重すぎて設置が難しかったようです。ただし、鐘を陶器から製造するのは難しく、マイセンのものが採用されたそうです。

IMG_3174.JPG

レンガ造りの建物に囲まれて、マイセン製による鐘の音色を聴けるなんて素敵ですよね。陶器による音色は、優しく柔らかく遠くまで響くそうですが、確かに温かい音色です。ただ、鐘に動きがないので「音色を聴いてみたい」くらいの感じで行くと、数分ほどで飽きてきてしまいます。

.

なので、鐘の音色と共に版画を楽しんでみるのはいかがでしょうか。

IMG_3375.JPG

鐘の左下、通常はレンガ造りの壁ですが、鐘の演奏に合わせて大西洋横断をテーマとした10つの版画が入れ替わり現れます。

IMG_3376.JPG

鐘の演奏時間は、1曲約1分で合計10分。演奏の代わりに併せて版画も回転します。版画は大西洋横断に関する人物がモチーフとなっており、ヨーロッパ大陸から初めてアメリカ大陸へ渡ったレイフ・エリクソンから始まり、操縦可能な飛行機を実現化したツェッペリンが最後に登場します。

.

鐘を聴きながら、版画に登場する人物を眺めていると、演奏時間の10分もあっという間に過ぎてしまいますよ。ブレーメンにお越しの際には是非訪れてみてください。

ベッヒャー通りのグロッケンシュピール

演奏時間:4月~12月12時~18時の毎正時 (1月~3月は12時、15時、18時の正時のみ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

中村 ふみな

ドイツ・ハンブルク特派員の中村 ふみなが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/ハンブルク特派員
名前:中村 ふみな

中村 ふみな

2010年秋よりドイツ暮らし。飲食店の広報(東京)、PRの修士(スコットランド)、日系旅行会社にて旅行手配(フランクフルト)を経て、現在はハンブルグ郊外で主婦生活。ハンブルグを中心とした北ドイツの美味しい事、役に立つ事をお届けします。 DISQUS ID @Hhtokuhain

ハンブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

ハンブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ハンブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > ハンブルク特派員 > ブレーメン:ベッヒャー通りのグロッケンシュピール

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について