トップ > ヨーロッパ > オランダ > ハーレム特派員 > オランダ流ソーシャルディスタンスの測り方......?

オランダオランダ/ハーレム特派員ブログ

オランダ流ソーシャルディスタンスの測り方......?

カテゴリー:生活・習慣・マナー 投稿日:2021年8月31日


こんにちは! ハーレム特派員のYukaです。
オランダではワクチン接種率が進んでいるものの、収束する気配のない新型コロナウイルスの猛威ですが、鬱々としていても仕方がありません。コロナ禍ならではの楽しみを見つけていきましょう。


09.jpeg

今回紹介するのは、オランダで見かけたソーシャルディスタンス(社会的距離)のサインです。
オランダではソーシャルディスタンスは1.5m取るように推奨されていますが、町なかでパッと1.5mを測るのは簡単ではないですよね。両手を広げたら自身の身長程度と言われていますが、町なかでいつも手を広げるわけにはいきません。
そんなオランダの町なかで、ソーシャルディスタンスがすぐわかるように、いろいろなイラストなどで測り方が示されています。いったいどんなものがあるでしょうか? 一部ですが紹介します!




新型コロナウイルスにより、海外旅行もままならない時期ではありますが、事態収束後にはぜひハーレムへお越しくださいませ!





町なかでよく見かけるサインたち


01haarlem.jpeg

まずはこちらのサイン。ハーレムの町なかの道路に描かれています。
矢印の先から先までの間が、おそらく1.5mになっているのでしょうね(正確に測ってはいませんが 笑)。
このサインが道路にあると、とてもわかりやすいですね!



オランダ全土に店舗展開をしている雑貨チェーンHEMA の店内では、こんなサインが床に貼られていました。

02hema.jpeg

トンプースという、オランダの伝統菓子15個分だそうです。つまり、トンプース1個は10cmなんですね。数が多いとわかりにくいです(笑)
ちなみにトンプース とは、カスタードクリームを2枚のパイ生地で挟み、上部にピンクのアイシングが乗ったお菓子です。

オランダではケーキ屋さんやスーパー、そしてこのHEMAで買うことができます。また、HEMAではトンプース柄のエコバッグや傘(!?)なども売っているので、興味のある方はぜひ!



ご当地サイン......!?


続きましては、前回の記事 で紹介しました、マウデン城で見かけたソーシャルディスタンスサインです。

04muiden.jpeg

剣2本分......現代人にはあまりピンとこない測り方です(笑)



最後に紹介するのは、ワッデン海に浮かぶテクセル島にある、羊の牧場で見たサインです。

03sheep.jpeg

羊2頭分。うーん、わかるようなわからないような。あまり大きめの羊ではないことは確かですね。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

大石 由佳 さん

オランダ・ハーレム特派員の大石 由佳 さんが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/ハーレム特派員
名前:大石 由佳 さん

大石 由佳 さん

大学卒業後ベンチャー企業に10年勤務(うち3年はシンガポール勤務)後、夫とともに2017年オランダ・アムステルダムへ移住、2018年に現在のハーレムへ引っ越し。大学の専攻はフランス語だったのに、なぜかオランダ。現在はフリーランスとして仕事をしながら、娘の子育てに奮闘中。 休日はひたすらお菓子ばかり作っています。作ったお菓子しか載せてないInstagramアカウントもあります。
Instagram:https://www.instagram.com/yukaizm___/ DISQUS ID @disqus_fNlZK3Btcw

ハーレム特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

ハーレムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ハーレム特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > ハーレム特派員 > オランダ流ソーシャルディスタンスの測り方......?

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について