トップ > ヨーロッパ > イギリス > ギルフォード特派員 > ロンドン郊外、グリニッジ区に佇むエルサム宮殿

イギリスイギリス/ギルフォード特派員ブログ

ロンドン郊外、グリニッジ区に佇むエルサム宮殿

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年4月21日

こんにちは! また少し間のあいた更新となってしまいましたが、ギルフォード特派員の吉村です。


さっそくですが、今日取り上げるのはロンドン南東部にあるエルサム宮殿について。ロンドンの宮殿というとウェストミンスター宮殿やハンプトンコート宮殿、それからロンドン塔が有名ですが、エルサム宮殿も見所満載の場所となっています!  


DSCN9471a.jpg


1930年代に再建された部分が根幹になっている屋敷は、現代風の造りが特徴的。それでも中世に作られた大ホールを残していたりと宮殿の歴史を感じさせる部分もあり、現代と中世の融合が興味深い場所となっています。そんなわけで、今回はその歴史と魅力に注目していきたいと思います!



◆エルサム宮殿の歴史◆ 


宮殿としての歴史が始まるのは1305年のこと。ダラム(Durham)の主教だったAnthony Bekによって再建された屋敷が、のちのエドワード2世に寄与されました。それから増築や改装を経て、14世紀の初めのうちに、よく使用される宮殿のうちのひとつとなります。


それから色んな王に愛される王宮となり、ヘンリ4世は王となってからの13回のクリスマスのうち10回をエルサム宮殿で過ごしたとか。そしてエドワード4世の時代(在位1461-70, 1471-83)には大ホール(Great Hall)が作られました。このホールはいまでも残っています。


ヘンリ8世も、幼少の頃には多くの時間をエルサムで過ごしたと言います。しかし1530年代になると、ハンプトンコート宮殿に比重が移るようになり、また、エルサムよりもウェストミンスターから水路でアクセスしやすいグリニッジの宮殿のほうが好まれ、その後のエリザベス1世も、エルサムには偶にしか訪れなかったそう。17世紀を通じてメンテナンスはあまりされず、エルサムは衰えていくこととなりました。


それからエルサムは王宮としては使われなくなり、賃借されることとなりました。そして1933年、ロンドン中心部に簡単にアクセスできる物件を探していた富豪の夫妻Stephen CourtauldとVirginia Courtauldが99年間の借地契約をし、大規模な改装をして、ほぼいまの、「エルサム宮殿」の姿となりました。


そんな以上の情報は、イングリッシュ・ヘリテージの公式サイト に載っていますので是非ご覧になってくださいね!




◆エルサム宮殿に行こう 行き方・チケットの買い方◆ 


DSCN9405a.jpg


行き方は幾つかありますが、一番徒歩の少ない経路は、地下鉄でNorth Greenwichの駅まで行き、そこから132番のバスに乗って20分、Eltham Church Well Hall Roadで降り、エルサム宮殿まで6分歩くというものになります。


DSCN9412a.jpg


宮殿に到着すると、上の写真の左右に入り口が。右の入り口が屋敷に通じるものですが、チケットを持っていない場合には、左の入り口を入ってVisitor Centreまで買いに行く必要があります。エルサム宮殿はイングリッシュ・ヘリテージのひとつでもあるので、イングリッシュ・ヘリテージのパスを持っている人はチケットを買う必要がありません! 


左側の入り口、下の写真の場所を入っていくと、Visitor Centreは結構遠い。


DSCN9419a.jpg


奥に見えてくる、カフェ兼おみやげ屋さんのなかに、チケット売り場もあります。


DSCN9413a.jpg


地図とリストバンドを手に入れ、これでお屋敷とガーデンに入ることができます!


DSCN9414a.jpg


元来た道を引き返し、入り口の場所まで出たら、今度は右側の入り口から橋を渡って屋敷へ入りましょう。




◆エルサム宮殿の魅力◆ 


アールデコのデザインに、1930年代の技術の盛り込まれた屋敷。かつて飼われていた「マージャン」という名前のキツネザルの話に、19エーカーの広さを誇るガーデン。エルサムは魅力の詰まった場所ですが、ここには4つのお薦めポイントを書いていこうと思います。


DSCN9420a.jpg


見所1:当時最先端の技術がふんだんに盛り込まれたお屋敷


DSCN9446a.jpg


トイレやお風呂は勿論のこと、内線の電話システムやガス暖房など、当時としてはかなり画期的な技術が屋敷の至る所に盛り込まれています。上の写真の部屋は、この屋敷を改装したVirginia Courtauldの寝室。照明が隠れるようなデザインになっていますね! また、この部屋にある電話は外部と繋がるものだったそうです。


見所2:中世の面影を色濃く残す大ホール


DSCN9451a.jpg


モダンな作りのお屋敷に繋がっている、中世の大ホール。20世紀のデザインと中世の要素の融合がしばしば語られるエルサム宮殿ですが、その象徴的な場所になっていると思います。そしてなんと、このホールの地面にも床暖房(!)が。近年の修理で新しいものに取り換えられたそうですが、1930年代の改装の時からあったそうです。


DSCN9458a.jpg


じつはこの真ん中の浮彫りは彼らのペット、キツネザルの「マージャン」なのだとか。写真は少し見辛いですね(汗)


DSCN9458b.JPG


見所3:ロック・ガーデン


DSCN9474a.jpg


このロック・ガーデンは、屋敷の窓からも覗くことができます。川も流れている景色は、さすがお屋敷といった感じの素敵な景色。そしてこの岩は、当時珍しくもフェイクではなく本物が使用されていたそうです。いまは季節柄、桜の花も咲いていました!


見所4:図書室


DSCN9460a.jpg


落ち着いた内装のこの部屋は、Stephen Courtauldの図書室として使われていました。幅広い蔵書を備えていて、よく見てみるとH. Vere Redman著のJapan in Crisisといった本も! とても興味深いです。


他にも、地下空間や応接間など、見どころはたくさんありました。特に地下空間は、第二次世界大戦下に空襲から逃れるためのシェルターとして使用されたという歴史も。そしてそんな見所を分かりやすく解説してくれる、カラー画面の音声ガイドもエルサム宮殿観光の魅力のひとつです。無料で借りることができます。(屋敷に入る前の場所で受け取ることができます。)
英語のみですが、美術品の解説や順路の説明までとても丁寧。また、在りし日のビデオ(屋敷をいまの形に改装したStephen CourtauldとVirginia Courtauldのもの)なんていうのも幾つかあったりします。

DSCN9425a.jpg


以上、エルサム宮殿についてでした!
ロンドン中心部からは少し離れた場所となりますが、訪れてみるのもお薦めです。


―――――

エルサム宮殿情報


■料金
大人:£15
子供(5~17歳):£9
学生・シニア:£13.5
家族(大人2、子供3):£39


■開館・閉館(2018年夏期間)
月、火、水、木、金、日:10:00-18:00
土:閉館
※5月1日・2日は撮影の関係で、5月1日はガーデンのみの入場となり、2日は完全に閉館とのことです。
※2018年10月以降の予定は公式ページのほうでご確認ください


■公式サイト
http://www.english-heritage.org.uk/visit/places/eltham-palace-and-gardens/history/


詳細はぜひ、公式サイトのほうでもご確認をお願いします。

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

吉村 星那

イギリス・ギルフォード特派員の吉村 星那が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イギリスイギリス/ギルフォード特派員
名前:吉村 星那

吉村 星那

イギリスに憧れて、日本の高校卒業後の2015年9月よりイギリスの大学に進学。それ以前は留学経験など一切なく、慣れない英語と格闘しながら日々の生活を送っているところです。興味のあることは観光で、大学でもHospitality & Tourismを専攻。そのためこちらのブログでは、イギリスでの観光情報や日々の生活を中心に、新しい発見や気づきも含めてお伝えしていきたいなと思っています! DISQUS ID @disqus_KSBIaTBAwG

ギルフォード特派員トップにもどる

その他のイギリスの特派員

ギルフォードを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ギルフォード特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イギリス > ギルフォード特派員 > ロンドン郊外、グリニッジ区に佇むエルサム宮殿

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について