トップ > リゾート > グアム > タモン(グアム)特派員 > グアムの椰子の木が危ない?!

グアムグアム/タモン(グアム)特派員ブログ

グアムの椰子の木が危ない?!

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2014年3月22日





グアムを始め、南国のリゾートと言ったら真っ先に思い出されるもののひとつが椰子の木だと思いますが、今グアムの椰子の木が危機的な状況に瀕してるのをご存知でしょうか?

実はこれ、Rhino Beetle(ライノ・ビートル)というカブトムシの仲間による被害なのですが、インドネシアやフィリピンなど東南アジアから始まり、去年末にはハワイでも被害が確認されて、大問題になっているんです。







このカブトムシ、グアムでは2007年に発見されたのが最初。

ホテル・ロードの並木などに、白やオレンジのバケツのようなものが吊るされているのに気が付かれた方もいらっしゃるかも知れませんが、垂直に飛び上がることのできないカブトムシが、バケツの上の板に当たって下に吊るされたバケツに落ちるという仕掛けになっています。

このような仕掛けがされていたにも関わらず、被害が大きくなるばかりで、最近ではとうとうツーリストの方たちにもお馴染みのYpao Beach Park(イパオ・ビーチ公園)のビーチ沿いの椰子の木が一斉に伐採され、オレンジ色のフェンスのようなもので囲われた小さな椰子の木が育つのが待たれています。






上の動画で被害の様子が少しお分かりいただけるかも知れませんが、このカブトムシは木のてっぺんにいついて葉っぱの方から幹の中に浸潤して樹液を吸うらしく、葉がV字にかじられ、樹液を吸うための大きな穴が見られます。

そのためまだ被害が幹の下の方まで来ていなければ椰子の木のてっぺんをまるで鉛筆のように尖った形にカットしてしまうというのが最初の伐採のよう。

グアムでは南部の方が被害が少ないと言われていましたが、それでも島内をドライブしていると、えんぴつ型に刈られた椰子の木がところどころに立っているのが見られます。








そしてとうとう、椰子の木が立ち並ぶ様子が圧巻で有名な"The War in The Pacifc National Historical Park in Asan(太平洋戦争国立歴史公園 アサン・ビーチ)"の椰子の木も近々伐採されてしまうとか!

一昨日椰子の木をチェックしに行ってきたところ、椰子の木1本1本に赤や青、緑のリボンが巻かれていたので、恐らく伐採の程度を示すものなのではないかと思います。

アサンの椰子の木の伐採には他の問題もあるらしく、なかなかすぐに手を付けられずにいるようなのですが、リボンまで巻かれているということは、残念ながらやはり実行に移されるのかな...と...。

グアムは小さな島国ですからもともと特定の生き物がとても大きな力を持つということはなく力の均衡が保たれているはずなのに、軍船や貨物船などに乗ってやってきたBrown Tree Snake(ブラウン・ツリー・スネーク)がグアム原産の飛べない鳥Ko'ko'(ココ)を絶滅の危機に追いやっている のと同様に、東南アジアからやってきたカブトムシが、グアムの椰子の木を狙っています。

対策として、カブトムシに狙われる椰子の木だけをまとめて植えるのではなく、いろいろな植物を一緒に植林していくようにすることも考えているよう。フィリピンではこのカブトムシによる大被害をなんとか収束させることができたようなので、グアムもこの問題を機にさらに美しい島になれるよう、力を合わせて行かれたらいいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

鶴賀 奈穂乃

グアム・旧タモン(グアム)特派員の鶴賀 奈穂乃が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

グアムグアム/旧タモン(グアム)特派員
名前:鶴賀 奈穂乃

鶴賀 奈穂乃

タモン(グアム)特派員トップにもどる

その他のグアムの特派員

グアムを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

タモン(グアム)特派員トップにもどる

トップ > リゾート > グアム > タモン(グアム)特派員 > グアムの椰子の木が危ない?!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について