トップ > ヨーロッパ > イタリア > ジェノバ特派員 > パガニーニ "ロック・スター"展開催!

イタリアイタリア/ジェノバ特派員ブログ

パガニーニ "ロック・スター"展開催!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 文化・芸術・美術 投稿日:2018年10月21日

ニコロ・パガニーニと言えば言わずと知れた19世紀前半のロマン主義音楽における最も偉大なヴァイオリニストです。今なお世界中に多くのファンを持つ彼ですが、実はジェノバにゆかりのある人物だということをご存知でしょうか。
Pic.25-1.jpg
(肖像画:Andrea Cefaly画、ナポリ音楽院所蔵、年代不詳。パブリックドメイン<ウィキメディア・コモンズ より引用>)


パガニーニは1782年、ジェノバ共和国時代のジェノバ市内で生まれます。5歳でヴァイオリンを始めるやすぐに才覚を顕し、12歳にしてコンサートを開き、13歳になる頃には学ぶものがなくなってしまったというパガニーニですが、隣国フランスでフランス革命が起こったのが1789年、パガニーニが7歳になる年でした。革命の動乱のさなか頭角を現したナポレオンの軍隊によってジェノバ共和国が終焉を迎えたのが1797年の6月のことです。パガニーニの一家はそれ以来ジェノバを離れることとなりました。


"ロック・スター"パガニーニ!?

Pic.25-6.JPG
「パガニーニ、ロック・スター」展と題された今回の展覧会。もちろん、パガニーニの時代にロック・ミュージックは存在しません。しかし、本展覧会ではロック界における伝説的ギタリストのジミ・ヘンドリクスを引き合いに出し、楽器との結びつき、満員の観衆を夢中にさせるパフォーマンス、そしてその超絶技巧から両者の類似性を強調しています。
現代音楽の観点から見ると、パガニーニはまさに「ロック・スター」なのです。





音楽が主役の異色の展示会!

Pic.25-2.JPG
(ドゥカーレ宮殿の大階段)


本展示品ではパガニーニの直筆の楽譜や手紙、日記などが多数展示されています。貴重な譜面はもちろん、同時代の有名人との関わりを示す手記にも注目です。興行収支を記録した帳簿を見ると、彼の公演があちこちで大成功を収めていたことがよくわかります(お金には非常に細かかったという逸話を見ると、彼もやはり"ジェノバ人"なのかと...)。


しかし、本展示会の主役はやはり「音楽」です。絵や彫刻と異なり目に見えない音楽をメインに据えた異色の展示会として地元でも話題となっています。
通常の展覧会であればBGMは無しかごく静かなもののみですが、今回は違います。
会場内で高らかに鳴り響くパガニーニの名曲に加え、展示台に設置されたヘッドフォンを使って専門家による解説や貴重な音源を聴くこともできます(英語字幕あり)。映像などを駆使して音楽を視覚的に表現する演出もインパクトがあります。また、イタリアを代表するミュージシャンであるモルガン(Morgan)、ジャンナ・ナンニーニ(Gianna Nannini)、イヴァノ・フォッサーティ(Ivano Fossati)が映像のなかでパガニーニやヘンドリクスの音楽について解説しているのも興味深いです。





ジェノバの至宝、パガニーニの「カノン」

Pic.25-5.jpg
(パガニーニのヴァイオリンを2点展示するトゥルシ宮殿。うち1点が本展示会に出張中)
Pic.25-4.jpg
(トゥルシ宮殿の所蔵するアントニオ・カノーヴァの傑作「悔悛のマグダラのマリア」)


最終展示室はまずその室内装飾の華麗さに注目です。この展覧会が行われているドゥカーレ宮殿はジェノバ共和国時代に国家の中枢が座していた、日本で言うところの国会議事堂です。18世紀に火災で大部分が損傷したなか、唯一被害を免れたのがこの部屋、総督専用の礼拝堂です。壁や天井全体にダイナミックに描かれたジェノバ・バロック式の見事なフレスコ画は圧巻。また、床面の優美な模様も印象的です。中央には聖母マリアの戴冠像が鎮座しています。


この部屋に展示されているのはたった2点。マリア像を背にしてジミ・ヘンドリクスのギターの破片、そしてパガニーニが実際に使用していたヴァイオリン、「カノン」です。
豪華な空間に堂々と佇む2点の楽器の姿は見事の一言。実際に2人のスーパースターを目の前にしているような迫力があります。


展示会は来年3月まで。ジェノバを訪れる際は、パガニーニのファンの方はもちろん、音楽好きの方はぜひ訪れてみてくださいね!


パガニーニ、ロック・スター展(Mostra Paganini Rockstar)
場所:Palazzo Ducale di Genova(Piazza Giacomo Matteotti, 9, 16123 Genova)
期間:2018年10月19日~2019年3月10日
チケット:€12.00
開場時間:月14:30~19:30
     火~木、土日9:30~19:30
     金9:30~22:00
公式サイト:http://www.paganinirockstar.it/
※展示室内撮影不可

トゥルシ宮殿博物館(Palazzo Doria-Tursi)
所在地:Via Garibaldi, 9, 16124 Genova
チケット:€9.00(※赤の宮殿、白の宮殿と共通)
開場時間:火~金9:00~19:00
     土日10:00~19:30
     月曜休業
♦白の宮殿内から連絡通路を通って入ります。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

浅井まき

イタリア・ジェノバ特派員の浅井まきが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

イタリアイタリア/ジェノバ特派員
名前:浅井まき

浅井まき

大学卒業後、社会人を経て2015年渡伊。イタリア北部リグーリア州の港町ジェノヴァに住み始めてはや3年目。現在はジェノヴァ大学の大学院史学研究科に在籍。日本と大きく異なるイタリアでの大学院生生活に四苦八苦しつつ、17~18世紀のジェノヴァ共和国に関する研究を行っている。自分の専門以外にも西洋史全般、美術、現代音楽、グルメ、スポーツなどへの関心大。晴れた休日には近郊へ写真撮影に行くのが楽しみ。 DISQUS ID '@disqus_n3hiU5o4o9

ジェノバ特派員トップにもどる

その他のイタリアの特派員

ジェノバを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

ジェノバ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > イタリア > ジェノバ特派員 > パガニーニ "ロック・スター"展開催!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について