トップ > 日本 > 福島特派員 > 究極の野天風呂!沼尻元湯@猪苗代町

日本国内日本国内/福島特派員ブログ

究極の野天風呂!沼尻元湯@猪苗代町

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 自然・風景 投稿日:2021年7月16日

猪苗代町は安達太良山麓にある沼尻元湯へ行ってきました。

安達太良山の中腹付近に湧く源泉で、お湯は中ノ沢・沼尻温泉 へと引かれています。

湧出量は毎分1万3400L。 単一湯口としては国内トップを誇る名湯です。

 

かつては"究極の野天風呂"として知る人ぞ知る存在でしたが、いまやすっかりメジャースポットへと昇格!

昨今、東北DC の特別企画(中ノ沢沼尻エクストリーム温泉体験 )も実現し、一般の方でも、ガイドつきで安全に楽しむことができるようになっています。

 

船明神山との分岐を左へ。

(記事的に前後しますが、白糸の滝 編から続きます) IMG_2035.JPG

分岐を過ぎて直ぐのポイントより、沼尻元湯の源泉エリアを俯瞰します。

谷の上部は、現在も立入禁止の爆裂火口「沼ノ平」です。 IMG_2036.JPG

高度を下げるにつれ硫黄臭が強くなっていきます。 IMG_2039.JPG

荒涼とした沼尻元湯へ到着。(硫黄川に架かる木道より)

なお、硫黄川そのものは、源泉エリアより上部から小さな流れが続いています。

ちなみに、この木道はれっきとした登山道です。 IMG_2051.JPG

源泉の湯口付近は立入禁止です。

(湯口付近は、胎内岩へと続く登山道から俯瞰できます) IMG_2053.JPG

下流側へと移動し、再び湯口方向 IMG_2056.JPG

源泉エリアに約500mにわたって続く硫黄川は、野性味あふれる秘湯として楽しめます♪

好みの湯温となるポイントを探しましょう! IMG_2071.JPG

※付近一帯は入浴のための整備はされておりません。

(微風や無風時は、硫化水素による中毒の危険性が高まります) IMG_2072.JPG

温泉の湧出ポイントは複数ありますが、沢水なども混じるため下流側ほど湯温は下がります。

ちなみに、白糸の滝の滝壺周辺にも温泉の湧出ポイントがいくつかあるそうです。 IMG_2059.JPG IMG_2069.JPG

洞窟の上流側入口 IMG_2065.JPG

洞窟の下流側出口より洞窟の内部

湯温は低めですが、この雰囲気を楽しまれる方が少なくないようです。 IMG_2074.JPG

上の画像付近より望む下流側

(この先、白糸の滝 へと続いていきます) IMG_2076.JPG

※本件は、ガイドつツアー を強くおすすめいたします!

【参考:エクストリーム温泉

 

この場所をGoogleMapで確認する

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bill

日本国内・福島特派員のbillが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/福島特派員
名前:bill

bill

福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

福島特派員トップにもどる

福島に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

福島特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 福島特派員 > 究極の野天風呂!沼尻元湯@猪苗代町

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について