トップ > 日本 > 福島特派員 > 只見駅の由緒正しき裏山へ「要害山」@只見町

日本国内日本国内/福島特派員ブログ

只見駅の由緒正しき裏山へ「要害山」@只見町

カテゴリー:自然・風景 投稿日:2021年6月16日

只見町は只見駅の裏に位置する要害山 へ行って来ました。

只見四名山(浅草岳・会津朝日岳・蒲生岳・要害山)の一つで、かつての山城跡となります。

急登や季節の花々、そして町なかを俯瞰する眺望などに定評があります。 

 

常磐橋の袂より望む要害山 IMG_4180.JPG

(参考) 柴倉沢付近の上空より望む只見町中心部と周辺の山々 DJI_0291.JPG

只見駅前駐車場に車を止め、只見駅越しに要害山を眺めます。 IMG_1671.JPG

駅前にある城址の推定復元図です。 IMG_1849.JPG

駅構内より、只見線を見守る案山子たちを撮影してみました。

看板には「コロナウイルスに負けないで皆でがんばろう」(by かかし作りの会)とあります。 IMG_1796.JPG

踏切を渡って正面奥の瀧神社へと向かいます。 IMG_1675.JPG

踏切内より会津方面(柴倉山方向)です。 IMG_1678.JPG

登山道は、瀧神社の向かって右奥へと進みます。 IMG_1687.JPG

途中、只見町中心部を俯瞰します。

只見線のホームには、只見線の車両(キハ110系)が停車していました。 IMG_1706.JPG

左奥に蒲生岳、右手前に柴倉山です。 IMG_4197.JPG

蒲生岳は"会津のマッターホルン"に相応しい山容です。 IMG_4199.JPG

高度を上げるにしたがって、ヒメサユリが姿を見せ始めます。

淡いピンクと俯き加減に慎ましく咲く様子がヒメサユリの真骨頂です。 IMG_4209.JPG IMG_4212.JPG

標高620m付近からブナの巨木が目立ち始めます。

その主役「ブナ太郎」です。 IMG_4223.JPG IMG_4237.JPG IMG_4238.JPG

テレビ中継施設の建つ山頂へ到着です。

山頂部は山城跡らしく平坦ですが、木々に覆われ眺望は限定的です^^; IMG_1726.JPG IMG_1729.JPG

要害山の山頂を後にし、下山は南尾根側へ。

登りの宮ノ沢ルートとは、相対的に斜度が緩めとなります。

途中にある「浅草岳眺め」と呼ばれる展望スポット IMG_4247.JPG

鬼ヶ面山の稜線と浅草岳山頂 IMG_4251.JPG

只見湖の奥に田子倉ダムの堤防

バックは、猿倉山から横山にかけての稜線です。 IMG_4259.JPG

「白い馬の背」と呼ばれる瘦せ尾根です。

※意外と切れ落ちているため、悪天候時などは注意が必要です。 IMG_4265.JPG

左側に只見町中心部 IMG_4268.JPG

右側に760.8p(左側のピーク)

この麓が只見スキー場となります。 IMG_4262.JPG

さらに進んで「ヒメコマツ群の森」へ。

ヒメコマツ(姫子松)=ゴヨウマツ(五葉松) IMG_4276.JPG

柴倉山をバックに、ヒメコマツが並ぶ隣の尾根 IMG_4279.JPG

南尾根登山口へと至り、林道を抜けて只見駅前へと戻って終了です。

 

【動画編】(57秒・BGM入)

 

  

この場所をGoogleMapで確認する

 

 

↓こちらもよろしくお願いいたします↓

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 福島県情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

bill

日本国内・福島特派員のbillが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/福島特派員
名前:bill

bill

福島県出身&在住。自然が好きで、四季折々の美しい景色を求め東奔西走しています。時には、テントを担いで雄大な山岳風景の撮影にもチャレンジ。 震災以降は、福島県内各地の名所巡りにも力を入れ、新たな魅力の発見と情報発信に奮闘する40代男性です。 DISQUS ID @disqus_N2b7f1CAMV

福島特派員トップにもどる

福島に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

福島特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 福島特派員 > 只見駅の由緒正しき裏山へ「要害山」@只見町

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について