トップ > 日本 > 福岡特派員 > 北九州のおいしい野菜~若松潮風キャベツ

日本国内日本国内/福岡特派員ブログ

北九州のおいしい野菜~若松潮風キャベツ

カテゴリー:レストラン・料理・食材 投稿日:2020年1月17日

こんにちは。「地球の歩き方」福岡特派員のDukeです。北九州市若松区は、トマトやブロッコリー、スイートコーンやスイカなど、古くから野菜の産地として知られています。なかでもキャベツは、国の冬キャベツ指定産地として広く栽培されており、11月から3月にかけて出荷のピークを迎えます。今日は若松が誇るブランドキャベツ、今が旬の若松潮風キャベツを紹介します。

Shiokaze01.jpg

目の前に玄界灘が広がる若松区有毛地区。玄界灘から吹き寄せる潮風を浴びて育つキャベツは、ミネラル分が豊富で、甘みと旨みが強いのが特長。そこから「若松潮風キャベツ」というブランド名が誕生しました。さらに天然のミネラルを補給するため、豊前海一粒かきの牡蠣殻を原料とした有機石灰肥料や希釈した玄界灘の海水を散布されて育ちます。
Shiokaze02.jpg

この時期、畑は丸々と大きくなった若松潮風キャベツでいっぱい。畑一面のキャベツが収穫を待っています。
Shiokaze03.jpg

大きさもさることながら、赤色土や褐色森林土の畑で時間をかけて育てるため、ぎっしりと身が詰まっています。
Shiokaze04.jpg

畑で作業中のキャベツ農家の方にお願いして、収穫風景を撮らせてもらいました。
Shiokaze05.jpg

地元のJAなどはもとより、県外にも多く出荷されます。
Shiokaze06.jpg

切り口から水分が滴るほど、瑞々しい潮風キャベツ。手に持つと、ずっしりとした重みがあります。
Shiokaze07.jpg

目の前で収穫された朝採りキャベツがその日の食卓に並び、生で食べても、炒めても、鍋に入れても、甘みが強くておいしい若松潮風キャベツを満喫しました。
キャベツにはビタミンUという栄養素が豊富で、疲れた胃腸を回復させる効果があるそうです。年末年始の飲み会続きのサラリーマンには強い味方といえるのではないでしょうか。また、低カロリーであるだけではなく、糖質の吸収も抑えてくれるそうなので、ダイエットにも効果的かもしれませんね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

Duke

日本国内・福岡特派員のDukeが現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/福岡特派員
名前:Duke

Duke

旅行、温泉、グルメが大好きな元転勤族。北は青森から南は沖縄、米国アルバカーキやハワイを含めると、ちょうど10か所での生活を体験しました。縁あって福岡県北九州市に落ち着いて、はや10年。福岡県は過ごしやすい気候と豊かな自然に恵まれ、水炊きやもつ鍋、豚骨ラーメンや北九州発祥の焼きうどんなど、美味しいものもたくさんあります。県外の方はもちろん、地元の方にも楽しんでいただけるよう、福岡・北九州の旬な情報を発信していきたいと思っています。併せて、「ルイガノ旅日記」もご覧いただければ幸いです。 DISQUS ID @disqus_l7uXZ8XrgH

福岡特派員トップにもどる


福岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

福岡特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 福岡特派員 > 北九州のおいしい野菜~若松潮風キャベツ

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について