トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月27日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


山梨県甲府市。甲府駅から、およそ2kmの町なかにある、遊亀公園


1874(明治7)年に、一蓮寺が境内の一部を、県へ移管したことがきっかけとなり造られた、この公園。
1919(大正8)年には園内に動物園も誕生し、日本で4番目に古い動物園として、今なお残っています。


2019年には創立100周年を迎えた歴史のある動物園との事で、僕も今回、初めて訪れてみました。


公園は東西に二分されており、池に囲まれた東側のエリア一帯が動物園になっています。
YukiZoo-1.jpg
僕が訪れたときには公園側で整備工事が行われていたため、利用できたのは動物園側だけでした。


公園南側にある駐車場より、園内中央を通る道をつたってまっすぐ北へ進んでいくと、動物園の入口へ到着。
YukiZoo-2.jpg
敷地面積は約14000平方メートルとのことで、前に訪れた大宮公園小動物園や、行船公園の自然動物園に近いイメージです。


関連ブログ:【さいたま市】大きな公園の小さな動物園【大宮公園小動物園】
関連ブログ:【江戸川区】日本庭園が併設された無料動物園【行船公園】


規模こそ、あまり大きくありませんが、そのぶん入園料も大人ひとり320円とリーズナブルな価格。


動物園は計4エリアに分かれており、入口の門をくぐるとまず北側のエリアとなります。
ここではアニアゾウを始め、クモザルキツネザルチンパンジーが暮らしていました。
YukiZoo-3.jpg
1978年生まれのメスのアジアゾウ、テルちゃんを記念撮影用に設置されたパネル越しに撮影。
時おり見せるダンスのようなステップは、暇を持て余している時に起こす常同行動だそうです。


続くエリアは、池の中の島に造られているので、橋を渡って進んでいきます。
この島エリアは、島内を公園から穂積神社へ続く遊歩道が横切っているため、
北側と南側に分断されており、まず北側が小動物をメインにした、こどもどうぶつえん
YukiZoo-7.jpg
ここではウサギモルモットの、ふれあいひろばをメインに、マーモセットといった小型サル。
さらにヤギに、ミニブタといった動物から、オウムインコも、この島北側のエリアにいます。
また動物園の入口で展示されている爬虫類も冬期になると、こちらの室内へ移動されるようです。


そしてスロープを上って遊歩道にかけられた陸橋を渡ると、猛獣がいる島南側のエリアへ。
猛獣舎では、コンドルマレーグマベンガルトラライオンが横並びで暮らしていました。
YukiZoo-4.jpg
その中でもベンガルトラは、甲斐の虎にかけて信玄という名で親しまれていたのでずが、残念ながら寅年を目前にした、2021年11月22日に、12歳で亡くなってしまったそうです。
僕が訪れたのは亡くなる2週間ほど前で、その時にはまだ元気な姿を見せてくれました。


また、このエリアでは猛獣以外にも、マゼランペンギンや、アフリカタテガミヤマアラシ
ロバミニチュアホースポニーベネットアカクビワラビーなども展示されています。


それらの中でも、アメリカビーバーは今回はじめて目にすることになったので興味深かったです。
(飼育されている動物園はけっこう多いようですが、なかなかお目にかかる機会がありませんでした)
YukiZoo-5.jpg
そんなビーバーですが、以前から飼育されていたあずきのもとに、このたびオスのナツが婿入りしたそうです。
今後は一緒に展示していくようなので、2匹の関係が上手くいくよう見守りましょう。(画像は、あずき)


さて最後は、島から南側へ橋を渡った先にある、昭和感満載な遊園地エリアへ。
YukiZoo-6.jpg
どこかで見たことのあるようなヒーローの像や、さまざまなキャラクターの遊具がお出迎えしてくれます。


そんな遊園地より、池を回り込むように進んでいけば、動物園の一番奥にあるバク舎へ到着。
日本平動物園ではマレーバクが飼育されていましたが、ここで飼育されているのはブラジルバク

オスのプーロ、メスのハナに加え、2020年の夏にユウキも生まれて、親子3頭が住んでいます。
すでに1歳をむかえ、だいぶ大きく成長したユウキですが、ハナに甘える姿はまだまだ子供でした。


関連ブログ:【静岡市】マレーバクの赤ちゃんの名前が決まりました【日本平動物園】


以上、ざっと巡って、1時間もあれば見て回れるくらいの規模なので、気軽に寄れる動物園です。
甲府へと訪れた際には、空いた時間に行ってみるのもいいでしょう。


■遊亀公園附属動物園
・住所: 山梨県甲府市太田町10-1
・TEL: 055-233-3875
・入場料: 大人320円、小・中学生30円
・営業時間: 4~10月:09:00~17:00(最終入園16:30)
       11~3月:09:30~16:30(最終入園16:00)
・定休日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は翌火曜日)
・URL: https://www.city.kofu.yamanashi.jp/zoo/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

その他の静岡県の特派員

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【甲府市】甲斐の虎に会いに山梨県へ【遊亀公園附属動物園】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について