トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】

カテゴリー:旅行・ツアー・ホテル / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月23日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


前回、初めて訪れた、東京スカイツリー
関連ブログ:東京スカイツリーに全集中!鬼滅の刃コラボイベント【天空への願い】


実は、その2年前にも1度、東京スカイツリータウンへは来たことがありました。
今回は、その際に訪れた、すみだ水族館について取り上げていきます。


スカイツリーの入口フロアがある、東京ソラマチ4階タワーヤード。
そこから、スカイツリーを回り込むようにウエストヤードへ進んでいくと、すみだ水族館へと到着です。
sumisui-1.jpg
すみだ水族館は東京ソラマチの5・6階に造られた水族館で、スカイツリーと同じく2012年にオープンしました。


同様に都内のビルの上にある水族館は、池袋サンシャインシティにあるサンシャイン水族館が連想されますが、あちらは八丈島から組み上げた海水を搬入しているのに対し、こちらでは人工の海水を利用しているそうです。
この試みは、京都水族館に続く2例目との事で、今後この人工海水を使った水族館も増えていくことでしょう。

関連ブログ:【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】


さて、そんなすみだ水族館ですが、2020年には一部エリアのリニューアル工事も施されました。
僕が訪れたのはリニューアル前なので、現在とは異なる部分もあるだろうことをご了承ください。


入館料金は、大人1人2300円。こちらも、リニューアルに合わせて若干値上げされています。


すみだ水族館が、特に力を入れている点といえば、まずクラゲが思いつきます。
クラゲは常時10種類以上が展示されており、そのなかには、ここで初めて目にする種もいました。
sumisui-2.jpg
そんなクラゲの飼育・研究をしているのが、アクアラボ
こちらもクラゲエリアの一部にあり、その作業の様子を外から眺めることができます。


今年2021年、伊豆・三津シーパラダイスに誕生したみとしーラボの、先駆け的な存在でしょうか。
関連ブログ:【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスに、みとしーラボが誕生!


また、プロジェクションマッピングを使った、クラゲ万華鏡トンネルというエリアも別にあります。
sumisui-3.jpg
クラゲとプロジェクションマッピングは相性が良いためか、近年、取り入れる水族館も増えている印象です。
関連ブログ:【藤沢市】湘南の風と日差しを受ける水族館【新江ノ島水族館】


続いて、すみだ水族館と言えば忘れてはいけないのが、チンアナゴ
ニシキアナゴホワイトスポッテッドガーデンイールともども、約300匹がひとつの水槽で暮らしています。
sumisui-4.jpg
幅5.5m×奥行き2m×水深1.3mという大きなワイド水槽は、四方すべてから内部の様子を覗き込むことが可能です。
この水槽は計4つありますが、そのうちのひとつが丸々チンアナゴたちに使われているという、贅沢な環境でした。


その熱の入れようは、純金製のチンアナゴ「純チン」が入った福袋(価格111万円)を作ってしまうほどです。
現在はコロナ対策で中止されていますが、チンアナゴの「さあ、ゴハン!」という餌やりイベントのときには、ご飯欲しさに巣穴から飛び出して泳ぐ姿を見られたりなど、いつもとは異なるチンアナゴたちを見ることもできます。


そして、そんなクラゲやチンアナゴ以上に、すみだ水族館の顔とも言えるのが、金魚です。
sumisui-5.jpg
和金琉金丹頂朱文金茶金出目金コメット東錦桜錦蘭鋳等々、
実に20種類以上もの金魚が、江戸リウムというエリアにて展示されていました。


金魚といえば江戸川区にある無料動物園でもさまざまな種類を展示していましたが、こちらはそれを超える規模です。
関連ブログ:【江戸川区】日本庭園が併設された無料動物園【行船公園】


フナから金魚への品種改良の説明がされていたりと、これだけ金魚をフィーチャーした水族館も珍しいでしょう。
sumisui-6.jpg


インパクトという点では、ホールの中央に造られた水量350tの、マゼランペンギンのプールも見逃せません。
sumisui-7.jpg
プールを囲むように上下階をつなぐスロープが通っているので、さまざまな角度からペンギンを見ることができます。


こちらでも、ペンギンの「さあ、ゴハン!」というイベントが行われていたのですが......
1羽1羽が何匹の魚を食べたのか声をかけ合ってチェックするという、まるで軍隊のような光景にビックリ。
ペンギンのマーチと言えば、ほのぼのとしたイメージがありますが、エサを求める行進はまさに戦場でした。


以上が、すみだ水族館へと訪れた際に、特にチェックしておきたいポイントだと思います。
規模自体は、そこまで大きくないのですが、スカイツリーの側ということで来客数はかなり多い印象でした。
また、リニューアルで登場した新エリアもあるので、いずれそれらも確認しに行ってみたいと思います。


■すみだ水族館
・住所: 東京都墨田区押上1-1-2
・TEL: 03-5619-1821
・入館料: 大人2300円、高校生1700円、中・小学生1100円、3歳以上700円
・営業時間: 平日10:00~20:00、休日09:00~21:00
・休館日: 年中無休(メンテナンス等による臨時休園あり)
・URL: https://www.sumida-aquarium.com/index.html

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【東京ソラマチ】東京スカイツリータウンにある人工海水の水族館【すみだ水族館】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について