トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年11月 8日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


熱川バナナワニ園の本園より、道路をはさんで反対側にあるワニ園
bananawani3-1.jpg
ここは今までに20種以上ものワニを飼育してきたという、ワニに特化した施設になります。


2008年には開園50周年を記念して、リニューアル工事も施された、この施設。
bananawani3-2.jpg
2021年現在、園内で飼育されているワニの種類は、交配種1種を含めた16種。約140頭。
そのうち14種が、このワニ園で展示されていました。(クロコダイル科9種、アリゲーター科5種)。


ワニを横から観察できる水槽や、下から見上げられる水槽も、リニューアルによって登場したものです。
bananawani3-3.jpg
見上げる水槽といえば、サンシャイン水族館の天空のペンギン水槽を思い出しますが、高速で泳ぎ回るペンギンとは対照的に、ほとんど動きのないワニたち。おかげで撮影は簡単。
関連ブログ:【池袋】都会のビルの上の水族館【サンシャイン水族館】


動いているワニを見たければ、週に1度行われるワニのエサやりイベントの際に訪れるのが良いでしょう。
(ワニ園での給餌は、4~9月が毎週水曜日の13時。10~3月が隔週日曜日の13時からとなっています)。


また、ワニは変温動物なので、寒くなると余計に動きが鈍くなります。
そのため、ワニ園のプールには温泉が用いられており、水温を28~30℃に保たれているそうです。
bananawani3-4.jpg
熱川の恵まれた温泉資源は、ワニたちにとっても絶好の環境となっていました。


ほかにも、ティラピアや、アリゲーターガーといった、ジャングルに生息する魚なども飼育されています。
そんな生き物たちと一緒に、80万年前の日本にいたというマチカネワニの骨格標本も展示されていました。
bananawani3-5.jpg
こちらは発掘された頭蓋骨や脊椎骨から、現代のワニを参考に体を復元したもので、全長は実に8mほど。
園内にいる最大のワニ(マレーガビアル)が4.5mなので、その倍近い大きさ。いかに巨大なのかがうかがえます。


世界中の熱帯地域に、亜種を含めて、およそ30種類ほど存在するという、爬虫類の仲間のワニ。
その半分近くが、ここ熱川バナナワニ園に集まっているということで、このような施設は世界でも有数でしょう。

本園のアマゾンマナティー、分園のニシレッサーパンダ、そして数々の熱帯植物熱帯果実などなど。
ほかの動物園などとも異なる独自性と、半世紀以上の歴史をあわせ持つ。まさに伊豆の観光名所でした。


関連ブログ:【熱川バナナワニ園】熱帯植物とアマゾンマナティーに会いに行く【本園】
関連ブログ:【熱川バナナワニ園】熱帯果樹とニシレッサーパンダに会いに行く【分園】


■熱川バナナワニ園
・住所: 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本1253-10
・TEL: 0557-23-1105
・入館料: 大人1800円、小学生以下900円、4歳未満無料
・営業時間: 09:00~17:00(最終入園16:30)
・定休日: 年中無休
・URL: http://bananawani.jp/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

その他の静岡県の特派員

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【熱川バナナワニ園】日本最大のワニ飼育施設【ワニ園】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について