トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】丘の上から市内を見下ろす古墳時代後期の円墳【琴平古墳】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【富士市】丘の上から市内を見下ろす古墳時代後期の円墳【琴平古墳】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月24日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


前回訪れた浅間古墳より、須津川(すどがわ)を越えて、1kmほど西へ。
関連ブログ:https://tokuhain.arukikata.co.jp/fuji/2021/09/post_84.html


坂道を上って茶畑の間を進んでいくと、標高63mの丘の上に、小さな林が現れます。
konfun-1.jpg
ここは浅間古墳より150年ほど後となる、6世紀頃に造られた円墳。琴平古墳だそうです。


いまのように、道も橋もまだ整備されていなかった古墳時代。
きっと川の東側と西側では、生活している部族も異なっていたのではないでしょうか。
この古墳の主は、そんな川の西側で生きていた人たちから、盟主として崇められた有力者だと考えられています。


また、こちらの古墳の上には、後の時代に建てられた琴平神社があります。
この神社は、この地域に住んでいた山本さんの先祖が、鬼門除けの神様として祀ったことが始まりだそうです。
浅間古墳の時と同様に、後から建てられた神社が、そのまま古墳の名前にもつけられたといったところでしょう。


古墳の南側には金刀比羅宮と刻まれた鳥居があり、ここから社がある古墳上へと階段が続きます。
konfun-2.jpg
また発掘調査によって、古墳の北側に幅8.5mほどの周溝の跡も見つかっているようです。


古墳の上には社のほかに、太平洋戦没者の忠霊碑や、県指定史跡に登録された際の記念碑などもあります。
konfun-3.jpg
小さな造りの社ですが、10年前に訪れた時から改装されていたようで、見栄えがよくなっていました。


そんな琴平古墳より、さらに愛鷹山の方へ向かって坂を上っていくと、道を横切る新東名高速道路。
konfun-4.jpg
ほんの1500年前まで古墳を作っていた人類が、いまとなっては、こんな大規模な道路から、半導体までも作るようになっているのだと思うと、技術の進歩の速度に改めて驚かされることでしょう。


それから、浅間古墳が「一万歩史話と伝説の里Bコース」という、ハイキングコースに組み込まれていたように、この琴平古墳もまた「一万歩史話と伝説の里Aコース」の通過地点に指定されています。
konfun-5.jpg
町なかから歩いて上ってくるには少々きつい坂道となりますが、秋の遠足の一環として訪れてみるのもいいかもしれませんね。


■琴平古墳
・URL: http://www.pref.shizuoka.jp/bunka/bk-180/bunkazai/detail/1020201.html
・住所: 静岡県富士市中里2159

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】丘の上から市内を見下ろす古墳時代後期の円墳【琴平古墳】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について