トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】丘の上から市内を見下ろす前方後円墳【浅間古墳】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【富士市】丘の上から市内を見下ろす前方後円墳【浅間古墳】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年9月16日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


富士市を通る根方街道の途中。
福聚院というお寺の裏から、東名高速道路にかかる西村橋を越えると、そのすぐ先に浅間神社があります。


実は、この神社が建っている丘は、古墳時代に築かれたという前方後円墳なのです。
しかもその規模は、市内に800基ほどある古墳郡の中でも、最大級の物だそうです。


東名高速道路沿いの道に、その浅間古墳へと上っていける階段があります。
senfun-1.jpg
ただし、ここまでは狭い道が続き、場所によっては急傾斜な個所もあるため、通行には注意が必要です。
また駐車場や、車を停めておけそうなスペースもないので、車で訪れる際は1台で来た方がいいでしょう。


前回おとずれた、おしゃもっさんからは、約1.4km。
この場所もまた、一万歩史話と伝説の里Bコースという、ハイキングコースに含まれています。

関連ブログ:https://tokuhain.arukikata.co.jp/fuji/2021/09/post_83.html


入口の階段を上ると、奥の林の方へ向かって参道が続いており、ここに鳥居があります。
10年前に訪れた際には赤い鳥居だったのですが、いつの間にか石造りの鳥居に変わったようです。
senfun-2.jpg
参道沿いに並んでいた茶畑は管理がされなくなったのか、人の背の高さよりも高くのびていました。


そんな鳥居の前から振り返ると、海抜50mの丘の上から市内一帯を見下ろすことができます。
senfun-3.jpg
浅間古墳は、4世紀の終わり頃に珠流河国(後の駿河国)を治めていた豪族のお墓とのことで、それを象徴するかのような見晴らしのよさです。


参道を進むと、浅間古墳の石碑が現れました。石碑から反対側には、浅間古墳の説明板も設置されています。
senfun-4.jpg
ここから先の丘全体が、古墳後部の円墳部分にあたり、その上に浅間神社が建てられている形です。


階段を上って、浅間神社の社に到着。社のほかには灯籠や狛犬があるくらいの、シンプルなものです。
senfun-5.jpg
古墳は、社に向かって右側。東の方へと前方部がのびた造りになっています。全長は、約91m。
後方部の円墳の幅は60mあるそうで、この辺りの古墳の中でも最も大きく、古い物となります。


ただし、辺り一帯は林に覆われているため、その形をハッキリと確認することはできません。
senfun-6.jpg
また、その内部も未発掘なため、まだまだ謎の多い国指定史跡となっています。


およそ1600年以上も前に、この地で生きていた人の痕跡が残っているという、貴重な浅間古墳。
今後、さらなる調査で新たな事実が解明される事があれば、そのときにまた訪れてみたいと思います。


■浅間古墳
・URL: http://hellonavi.jp/detail/page/detail/1165
・住所: 静岡県富士市増川西村624

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】丘の上から市内を見下ろす前方後円墳【浅間古墳】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について