トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】フライングメガドームも今年で誕生10周年【日本平動物園】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【静岡市】フライングメガドームも今年で誕生10周年【日本平動物園】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年8月21日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


2007年から2013年にかけて行われていた、日本平動物園のリニューアルプロジェクト。


そのときにオープンした新しい施設の数々も、すでに誕生から10年が経ちます。
関連ブログ:【静岡市】は虫類館は今年で誕生10周年【日本平動物園】


そんななかから今回は、国内最大級のフライングケージとなる、フライングメガドームのお話です。


日本平動物園の園内には、栗ヶ谷池溜池(通称:池田山堤)という、上下ふたつの大きな池があります。
もともとは農業灌漑用に整備された池で、より古くからある上の池は、300年以上前にできたそうです。
fmd-1.jpg
フライングメガドームがあるのは、150年ほど前に作られたという下の池の方で、その広さは3390平方メートル。
ドーム内部には、トキカモを始めとする数種類の鳥たちが放し飼いにされています。


入口はドームの西側となりますが、反対の東側にも内部を覗きこめる観察小屋が設けられました。
fmd-2.jpg
観察小屋から眺めた岩場にはショウジョウトキが群れで暮らしており、ほかの鳥たちも羽を休めに訪れることも。


ドーム内部は、出入口から池中央にある観察デッキまで、桟橋を渡って進める造りとなります。


入口を入ってすぐ右側にはフラミンゴたちのエリア。また池の中には、サル島も存在します。
fmd-3.jpg
このサル島には現在、ジェフビビという、2頭のジェフロイクモザルが暮らしています。


また池の上に作られた足場には、ホオジロカンムリヅルの巣を確認。巣の中には卵もありました。
fmd-4.jpg
この卵は、本物の卵のカラから作った偽物で、母鳥が卵を生みすぎて弱らないよう置かれているそうです。


ホオジロカンムリヅルの卵は偽物でしたが、なんとモモイロペリカンにはこの春、雛が誕生しました。
fmd-5.jpg
4月に生まれてから3~4ヵ月で、すでに親鳥と変わらないくらい大きく成長しています。


日本平動物園では、これが初となるモモイロペリカンの繁殖だそうです。
フライングメガドームの10周年を飾るのに、ちょうどいいニュースとなりました。


この雛の成長も含め、身近を飛び交うフライングメガドームの鳥たちに、今後も注目していきたいものです。
fmd-6.jpg
なお冬季は鳥インフルエンザ対策で、フライングメガドームが閉鎖されるため、訪れる際は時期に注意です。


※緊急事態宣言の影響にて、2021年8月20~9月12日までの期間は、日本平動物園が臨時休園となります


■日本平動物園
・住所: 静岡県静岡市駿河区池田1767-6
・TEL: 054-262-3251
・開園時間: 9:00~16:30(入園は16:00まで)
・休園日: 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日
・URL: https://www.nhdzoo.jp/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】フライングメガドームも今年で誕生10周年【日本平動物園】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について