トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスに、みとしーラボが誕生!

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスに、みとしーラボが誕生!

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年7月24日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


この夏、伊豆・三津シーパラダイスに新たなるエリア、みとしーラボがオープンしました。
Labo01.jpg
みとしーラボは、水族館の裏側を遊びながら体験できる施設、とのことです。


関連記事:【みとしーラボ】が7月17日(土)午前9時オープン!


近年の水族館では、バックヤードを公開しているところも増えていますが、みとしーも、ついにその仲間入り。
さらに水族館で行われる作業を遊びながら体感できる!という要素がプラスされたのが、この、みとしーラボ。


みとしーラボがある場所は、本館2階にある売店の隣。
みとしーminiパラダイスのボールプール沿いにあった部屋が、大々的に改装されていました。
Labo02.jpg
2019年末に誕生した、あじっこパラダイスに続く、体験型の施設となります。

関連ブログ:【伊豆・三津シーパラダイス】生産量日本一を誇る沼津に誕生【あじっこパラダイス】


ラボの内部は、手前側が体験エリア、奥側がバックヤードエリアとなっていました。
Labo03.jpg
体験エリアの方では、水中に潜む微生物を観察できる、マイクロスコープ
ホースを使った水換え作業を学ぶことができる、サイフォンの原理
人工クラゲを、おたまですくって、おわんへと移動させる、生物すくい
配管をつなぎ合わせる作業を、パズル形式で再現した、パイプパズル


以上の、4つを体験することができるほか、透明骨格標本液浸標本イルカラッコ頭蓋骨も展示。


そしてバックヤードエリアの方では、飼育員が日々行っている裏作業の様子を見学できます。
Labo04.jpg
またここでは、「みとしー」for「SDGs」と題して、質の高い教育をみんなに海の豊かさを守ろう陸の豊かさも守ろうという、3つの目標が掲げられていした。


その取り組みの一環として、エダミドリイシというサンゴや、ゲンジボタルの幼虫も育成されています。
Labo05.jpg
ゲンジボタルの幼虫の体長は1.5mmと非常に小さく、肉眼では、どうにか確認できるくらいです。
餌となるカワニナという巻貝も、同じビーカーの中にいますが、それと比べても大きさの差は歴然。


ほかにも、メンダコが飼育されていたときの映像も、ここで公開されているので必見です。


およそ1年半ぶりに誕生した新施設、みとしーラボ。
将来、水族館の飼育員を目指している子供から、夏休みの自由研究の題材を探している子供まで。
多くの人たちが、このラボを通して水族館の取り組みに触れることができるといいですね。


■伊豆・三津シーパラダイス
・URL: http://www.izuhakone.co.jp/seapara/
・住所: 静岡県沼津市内浦長浜3-1
・TEL: 055-943-2331
・開園時間: 9:00~17:00(最終入場 16:00)季節・時期により異なる

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【沼津市】伊豆・三津シーパラダイスに、みとしーラボが誕生!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について