トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】ワラビーの子育て奮闘記【日本平動物園】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【静岡市】ワラビーの子育て奮闘記【日本平動物園】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年6月 5日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


先日、国内最高齢だったアメリカバイソンモモが、老衰のため亡くなったとのニュースがありました。
momo-1.jpg

関連リンク:【動物】国内最高齢(28歳)のアメリカバイソン『モモ(♀)』が死亡しました


僕は、その2週間前に日本平動物園へと訪れていたのですが、バッファロー舎の方へは行かなかったので、最後にモモの姿を見なかったことが悔やまれます。


さて、そんな日本平動物園では、昨年に続いて今年2021年も、ベネットアカクビワラビーが子育ての真っ只中。


カンガルーの仲間であるワラビーは、子供を未熟な状態で出産し、そのあとお腹の袋で育てる有袋類の仲間。
Wallaby-1.jpg
そのため赤ん坊が袋から顔を出すまでの半年間は、なかなかその姿を確認することができません。


そして、ようやく出てきたその姿を見られたと思ったら、すでにかなり大きく育っていました。
これだけ大きくなっても、まだお母さんの袋の中へ入るので、有袋類の子育ても楽ではありません。
Wallaby-2.jpg
ちなみに右耳にオレンジの耳標があるのは、甲府にある遊亀公園附属動物園からやってきた、ハコベ
昨年は残念ながらハコベの仔は亡くなってしまいましたが、今年は順調に育っているようで何よりです。


同じく、遊亀公園附属動物園からやってきた、スズシロ。こちらは青い耳標が目印。
Wallaby-3.jpg
スズシロも、昨年の仔に続いて順調に子育てを行えているようでした。


スズシロが昨年育てていたのが、こちらのノドカ
Wallaby-4.jpg
大人たちに比べると、まだまだ小柄に見えるノドカですが、もうすっかりお姉さんです。


そんな子供たちの、お父さん? オスのドコ
Wallaby-5.jpg
オスは、もう1匹。2018年に生まれた、ドコの子供のエコもいました。
しかし残念ながら、エコは昨年11月に肺出血で亡くなってしまったそうです。


関連リンク:ZOOしずおか 90号(pdf)


ワラビーの授乳期間は、1年ちょっととのことで、もうすぐ今年の子育ても終わりを向かえるでしょう。


新しく生まれた2匹を加えて、計6匹となった日本平動物園のベネットアカクビワラビー。
もしかしたら今後もまた子育てを見られる機会が訪れるかもしれないので、お腹の袋には要注目です。


■日本平動物園
・住所: 静岡県静岡市駿河区池田1767-6
・TEL: 054-262-3251
・開園時間: 9:00~16:30(入園は16:00まで)
・休園日: 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日
・URL: https://www.nhdzoo.jp/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】ワラビーの子育て奮闘記【日本平動物園】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について