トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】夜行性動物館という暗闇の世界【日本平動物園】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【静岡市】夜行性動物館という暗闇の世界【日本平動物園】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年5月28日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


熱帯鳥類館とともに改修工事などの影響によって、ここしばらく閉鎖されていた日本平動物園夜行性動物館

関連ブログ:【静岡市】熱帯鳥類館と日本で唯一見る事ができる鳥【日本平動物園】


こちらも、2021年5月から再オープンしたので、この機会にその様子を見てきました。


ダチョウ舎と、サイ舎の向かいに建っている、夜行性動物館。
Night-1.jpg
建物自体は熱帯鳥類館と共用ですが、そのイメージは正反対で、まさに昼と夜といった感じでしょうか。


建物内部は時間帯によって、夜間と日中の2パターンの照明が切り替わります。
Night-2.jpg
14:10以前は夜間帯となり、赤色の暗い照明が使用されていました。


14:10以降になると、日中をイメージした通常の照明になり、より動物たちを観察しやすくなります。
Night-3.jpg
とは言え、通路に設置されている照明は点かないので、ほかの施設よりも圧倒的に館内は暗いのですが。


館内には14の展示室があり、入口から進んで正面に現れるのが、このツチブタの部屋。
Night-4.jpg
国内では飼育している施設も少ないため、あまり見られる機会のある生き物ではありません。


そんなツチブタですが日本平動物園では、1988年に日本で初めてとなる繁殖にも成功したそうです。
穴の中で眠っていた時は分かり難かったのですが、起きて出てくると意外と大きいことに驚かされます。


ほかにも館内で人気のありそうな生き物は、このフタユビナマケモノでしょうか。
Night-5.jpg
カギ状の爪は天井からぶら下がるだけではなく、かゆいところを掻くのにも重宝しているようです。


かわいらしさで言えば、小型のキツネの仲間フェネックや、ヨツユビハリネズミがいます。
Night-6.jpg
ハリネズミは、ネズミよりもモグラに近い生き物なのだそうですが、滑車を走る姿はハムスターと変わりません。


ほかにも、ルーセットオオコウモリに、スローロリスアフリカタテガミヤマアラシ
フクロウや、アオバズクオオコノハズクといった生き物も、ここで暮らしていました。



照明の変化によって、2度楽しむことができる日本平動物園の夜行性動物館。
訪れた際には、暗闇の中に生きる動物たちの生体を、じっくり観察してみてください。


■日本平動物園
・住所: 静岡県静岡市駿河区池田1767-6
・TEL: 054-262-3251
・開園時間: 9:00~16:30(入園は16:00まで)
・休園日: 毎週月曜日(祝日、振替休日のときは翌平日)、12月29日~翌年1月1日
・URL: https://www.nhdzoo.jp/

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【静岡市】夜行性動物館という暗闇の世界【日本平動物園】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について