トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】愛宕山に残る第二次世界大戦の痕【愛宕山地下壕】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【富士市】愛宕山に残る第二次世界大戦の痕【愛宕山地下壕】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年2月13日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


静岡県富士市にある雨乞山より、南へ300mの地点にそびえる、愛宕山
ここに第二次世界大戦時に作られた要塞の跡があるとのことで、その確認に行ってきました。


アクセスは、富士山を眺めに訪れた、雨乞山の展望地より。
関連ブログ:【雨乞山から眺める】富士山に雪が積りました【富士市の夜景】


さらに道を上って進んでいくと、室野中山線という林道の起点があります。
atago01.jpg
まずは、この林道を進んで、雨乞山の頂上付近まで登っていきます。


すると、しばらくして愛宕山線という、別の林道の起点が現れました。
atago02.jpg
愛宕山へは、この愛宕山線へと入り、雨乞山を東から南へと沿って進むと到着します。


しかし、この愛宕山線。入って早々に、かなり傾斜のきつい上り坂が続いていました。
途中からは傾斜こそ緩やかになるものの、路面が未舗装になるという点にも注意が必要です。


雨乞山を南側まで回り込めば、あとは尾根伝いに愛宕山まで進んでいけます。
atago03.jpg
道の脇に建てられた鉄塔を過ぎると、ようやく林道愛宕山線の終点へと到着しました。
愛宕山線の起点から終点まではおよそ600mと、距離自体はそれほど長くありません。


林道の終点には愛宕山の頂上を背にして、平和祈念之碑が建てられてあります。
atago04.jpg
またそのすぐ隣には、愛宕山地下壕の概要という説明板も設置されていました。


それによると第二次世界大戦の際に本土決戦に備えて、この地に11の地下壕を掘ったそうです。
その中でも最大となるのが、ここ愛宕山の地下壕で、その全長は81.7mにも及んでいるとのこと。


そんな地下壕の入口は、平和祈念之碑の裏に残っていました。
壕の入口は封鎖されていますが、格子の隙間から内部の様子をうかがうことは可能です。
atago05.jpg
通路の幅、および高さは、約1.5m。大人が屈んで、どうにか通れる広さでしょうか。
内部は5本の壕に枝分かれしているとのことで、それぞれの通路の先に小さな部屋が設けられています。


また愛宕山の頂上まで登ってみたところ、ここにも人工的に組まれた石の段がありました。
atago06.jpg
おそらく、これが砲台を設置する予定だった、砲座の跡なのだと思われます。
しかし、これらの施設は完成することなく昭和20年7月に建設中止となったそうです。


友ヶ島や、大久野島にあるような軍事遺跡に比べると、その規模は、はるかに小さな物でした。
とはいえ自分の身近にも、このような場所が残っていたと知ることができたことは、今回の大きな収穫となりました。



■愛宕山
・住所: 静岡県富士市岩淵

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】愛宕山に残る第二次世界大戦の痕【愛宕山地下壕】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について