トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】100年かけた里山再生構想【白馬の杜】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【富士市】100年かけた里山再生構想【白馬の杜】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2021年2月 1日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


前回、雪の積もった富士山を眺めるべく、久しぶりに訪れた雨乞山
関連ブログ:【雨乞山から眺める】富士山に雪が積りました【富士市の夜景】


その展望地へ向かう道中にも、新しく展望台が建てられているのを見つけました。
shirouma01.jpg
富士川楽座の裏から、雨乞山方面へと上っていく道の途中。
野田山への分岐を過ぎてすぐの場所に、その展望台はありました。
前回の展望地からは、およそ350mほど道路を下った場所となります。


富士山展望台という看板とともに、大きく岩渕という地名が掲げられていました。
shirouma02.jpg
この展望台は、NPO法人 鎮守の森を育てる会によって、ここ10年ほどで建てられたようです。


しかし、この場所。
ちょうど山と山の谷間に位置しているので、展望台に上ったところで眺めは期待できるのだろうか?
そもそも、もう少し先へいけば、もっと眺めのいい場所があるのに、なぜ展望台を作ったのだろう。


そんなことを思いながら、展望台へと上って実際に眺めた景色が、こちらになります。
shirouma03.jpg
左半分が手前の丘で隠れてしまいますが、どうにか富士山の姿を確認することができました。
前回の展望地ともまた違った見え方なので、これはこれでおもしろい試みなのではないでしょうか?


そんな展望台から、少し先に整備された駐車場。
shirouma04.jpg
このスペースの隅にある東屋のところに、白馬の杜(しろうまのもり)を育てる宣言なるものがありました。


それによると、明見神社を中心に、この地域一帯を里山として蘇らせようという計画が進められているようです。
shirouma05.jpg
しかし、この再生事業が完了するまでには、およそ100年はかかるとのこと。
宣言が平成13年にされているので、まだあと約80年の年月が必要となります。


はたして白馬の杜は、どのような姿に生まれ変わるのか。
今後の変化にも注目していきたいところです。


今回、新しくできていた展望台を訪れたことによって知ることができた、白馬の杜の再生計画。
この事業を知ってもらうという点でも、この展望台が建てられた意味は大きかったと思います。


■白馬の杜 富士山展望台
・住所: 静岡県富士市岩淵1679

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

その他の静岡県の特派員

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士市】100年かけた里山再生構想【白馬の杜】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について