トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【梅ヶ島七滝】梅ヶ島街道沿いを流れる豪快な滝【赤水の滝】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【梅ヶ島七滝】梅ヶ島街道沿いを流れる豪快な滝【赤水の滝】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年12月 5日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


静岡市街地より梅ヶ島温泉へと続く、静岡県道29号線。通称、梅ヶ島街道
その道中にも、梅ヶ島七滝のうちのひとつとなる、赤水の滝があります。


梅ヶ島の温泉街より、梅ヶ島街道を5kmほど下った地点にて、道路脇に現れた展望台。
akm.jpg


ここから正面に見える渓谷に、目的の赤水の滝が流れていました。
akm1.jpg
ただ、この位置からでは少し距離があるので、もうひとつの展望台の方にも行ってみましょう。


ふたつ目の展望台は、県道沿いの展望台から梅ヶ島街道を200mほど北上すると、すぐに到着します。
akm2.jpg
こちらの展望台は公園として整備されていて、遊歩道を歩いて進んでいくことになります。
例年は売店も出ているそうですが、今年2020年はコロナ禍の影響により中止となっていました。


また遊歩道の入口付近が駐車場となりますが、今回はコーンが置かれていて利用できず。
そのため、道路の反対側に整備された草木多目的広場駐車場のほうへ車を駐めました。
akm3.jpg
多目的広場というだけあって、かなり広く、隅の方には仮設トイレもあります。


そんな駐車場から遊歩道を下っていくと、3分とかからず展望台に到着。
akm4.jpg
こちらは上下2段の展望台となっており、上の段にはベンチも設けられていました。
夜間には滝のライトアップがされるとのことで、その照明設備も正面に見えています。


より眺めがいいのは、滝に近い下の段の方です。
akm5.jpg
県道沿いの展望台からでは確認できなかった滝の上段も、この展望台からなら見ることができます。


赤水の滝は、梅ヶ島七滝の中では安倍の大滝とならぶ大きな滝となりますが、安倍川本流にかかっているので水量も豊富で、豪快さにおいては一番でしょう。



ちなみに赤水の滝がある赤水という地域は、1707年に発生した宝永地震によって誕生したそうです。
大谷山から流れ出た土石流が周囲の地形を形成し、そのあと幾日にも続いて褐色の濁流が流れたことが赤水の滝と呼ばれる由来となり、この大規模な土砂災害は日本三大崩れとしても記録されています。


梅ヶ島七滝の中でも特にアクセスしやすい位置にあるので、ドライブがてらに寄るにもいい場所でした。


関連ブログ:【梅ヶ島七滝】滝と紅葉の梅ヶ島【三段の滝】
関連ブログ:【梅ヶ島七滝】温泉の源泉とともに流れる湯滝【おゆのふるさと公園】
関連ブログ:【梅ヶ島七滝】3つの吊り橋を越えて安倍の大滝へ【日本の滝百選】


■赤水の滝
・URL: https://www.visit-shizuoka.com/spots/detail.php?kanko=365
・住所: 静岡県静岡市葵区梅ヶ島

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

その他の静岡県の特派員

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【梅ヶ島七滝】梅ヶ島街道沿いを流れる豪快な滝【赤水の滝】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について