トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士宮市】杉田の大滝と不動尊

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【富士宮市】杉田の大滝と不動尊

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年3月10日

こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


以前おとずれた苺の自販機の近くに、ちょっとした史跡があるので、今回は、そちらを見ていきましょう。


関連記事:【富士宮】期間限定!イチゴの自動販売機


場所は、富士宮市 杉田の一角。
いちごハウスいなばの、ビニールハウス裏に、滝の上集会場という、この地区の集会場があります。
その集会場の前から続いている細い道を下っていくと、今回の目的地、杉田不動尊へと到着しました。
sugita00.jpg
この場所にはもともと、安養寺というお寺の発展と共に建てられた不動堂があったと伝えられています。
源頼朝が富士の巻狩りで立ち寄った際に、雲や霧を払うべく祈ったという伝説も残されていました。


現在は、昭和初期に建てられた拝殿が残っていて、杉田地区の人々によって管理されているそうです。
sugita01.jpg
ちなみに安養寺は、ここから500mほど南へ進んだ場所に、現在も存在します。


不動尊というだけあって、拝殿へ続く道の途中にも、7体の石仏が祀られていました。
sugita02.jpg
石仏は左側から、馬頭観音准胝観音十一面観音釈迦牟尼如来聖観音如意輪観音千手観音となります。


境内の脇を流れる天間沢川には、杉田の大滝と呼ばれる、落差10mほどの滝も存在します。
sugita03.jpg
しかし水害対策により、川の中をコンクリートで固められてしまっているので、あまり見た目はよくありません。
また普段は、川の水量自体が少ないため、大雨のあとに来なければ見ることのできない、幻の滝となっています。


拝殿から裏へ進むと、岩屋洞窟と、恩智養宗尚検証記念像があります。
sugita04.jpg
恩智養宗(おんちようそう)は、不動堂から安養寺までの用水路を、1年かけて掘ったとされる和尚様です。
それまで天水に頼る生活をしていた村人は、この用水路が完成したことで安定した生活用水を確保できました。
ちょうど拝殿の裏が湧水池となり、今でも草むらの中から、チョロチョロと水が湧き出ている音が聞こえます。


そんな恩智和尚記念像のうしろで、大きく口を開けている岩屋洞窟。
sugita05.jpg
深さはさほどありませんが、中には不動明王座像碑が祀られていました。
補強のためか、この洞窟の入口には太い柱が並んでいて、その石積みのデザインがいい雰囲気です。


源頼朝の伝説から、雲切り不動
杉田の大滝の上にあることから、滝の上不動尊とも呼ばれている、この場所。
苺の自販機へと立ち寄った際に、一緒にお参りしてみては、いかがでしょうか?


【杉田不動尊】
住所: 静岡県富士宮市杉田

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【富士宮市】杉田の大滝と不動尊

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について