トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【沼津市】白隠禅師と法螺貝の伝説が残る石【八畳石】

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【沼津市】白隠禅師と法螺貝の伝説が残る石【八畳石】

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2020年1月17日

みなさん、こんにちは。
静岡・富士特派員の、わや猫です。


前回、初詣に訪れた赤野観音堂。 関連記事:【赤野観音堂】沼津に残る江戸時代のお堂


そこから廣大寺へと下っていく道の途中にも、ちょっとしたものがあったので、ご紹介します。


赤野観音堂の入口より、500mほど南へ進むと、林の中に現れる弘法大師堂
8st01.jpg
このお堂は、この地が弘法大師の東国行脚にまつわる地ということで祀られた物のようです。


小さなお堂の中には弘法大師の石像が安置され、その隣の一段高い場所にも祠が祀られてあります。
8st02.jpg
なかなか人が訪れるような場所ではないので、その存在は、あまり知られていない事でしょう(かくいう僕自身も、つい最近まで全く知りませんでした)。


さて今回の目的は、この弘法大師堂ではなく、ここから更に道を下った先となります。


弘法大師堂から急な坂道を下り終えると、高橋川沿いに続く道へと突き当ります。
この道を南へ下ると廣大寺がありますが、逆に北へ100mほど上ると現れるのが、ここ八畳石公園
8st03.jpg
公園と言っても子供が遊べるような場所ではなく、河原が少し整備されている程度の場所でした。


この公園内に唯一あるのが、この八畳石という巨大な石です。
8st04.jpg
高さ約3m。広さ約50平方メートルの大石で、その中央には大きな亀裂が入っています。


この大きな石は、寛永12年(1635年)に発生した洪水によって東の山から、この場所まで落ちてきたそうです。
昨年、白隠の里巡りで接した白隠禅師も少年時代に、この岩の上で修業をしていたと伝えられていました。


関連記事:【松蔭寺】駿河に過ぎたる原の白隠【すり鉢松】


石の裏側には、大きな空洞もありました。
8st05.jpg
この穴には昔、大きな法螺貝が住んでいて、食物を得るために村の畑を荒らしていたという伝説も残ります。
このような伝説が残る八畳石ですが、こちらもその存在を知る人は、あまり多くないのではないでしょうか?


ただ、クライマーには結構知られた場所らしく、ボルダリングをしに訪れる人はいるようです。
岩の上には、登頂したクライマーのものとみられる名前が無数に刻まれていました。
白隠禅師が修行をしていた大岩は長い年月を越え、クライマーの修業の場になった訳ですね。
8st06.jpg
アクセスは静岡県道22号三島富士線にある、ローソン沼津鳥谷店から北へ進み、廣大寺を目指してください。
廣大寺から、高橋川沿いに北へ650m。東名高速道路の高架橋の下を通過した先となります。


八畳石公園 住所:静岡県沼津市柳沢

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【沼津市】白隠禅師と法螺貝の伝説が残る石【八畳石】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について