トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 東海道3大難所の1つ 小夜の中山に残されし夜泣き石

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

東海道3大難所の1つ 小夜の中山に残されし夜泣き石

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年7月22日

みなさん、こんにちは。静岡・富士特派員の、わや猫です。


さて、みなさんは、静岡県に残る、夜泣き石の伝説を、ご存知でしょうか?



~これは、静岡県西部が、まだ遠江国(とおとうみのくに)と呼ばれていた頃のお話~


とある妊婦が、峠道の途中で陣痛に見舞われ、道のかたわらにあった丸石に寄りかかって休んでいました。


すると、たまたまそこへと、1人の男が通りかかります。この男、実は、この辺りに住んでいた山賊で、最初は
妊婦を介抱していたものの、妊婦が金を持っていると知ると、妊婦を斬り殺し、金を奪って逃げてしまいました。


山賊の刀は、妊婦のお腹を切り裂きましたが、途中で妊婦が寄りかかっていた丸石にあたったため
お腹の中の赤ん坊までは刃が届かず、どうにか、赤ん坊は、一命をとりとめたのです。


しばらくして、峠のお寺に住んでいる和尚様が、赤ん坊の鳴き声を聞き、駆けつけてみると
丸石のかたわらで斬られた妊婦のお腹から、赤ん坊が産まれ出ているのを発見します。


和尚様は『こんな状態の赤ん坊の鳴き声が、お寺まで聞こえるはずがない。
きっと母親の魂が丸石に乗り移り、赤ん坊のかわりに泣いて知らせたのだろう。』
と思い、残された赤ん坊をお寺で引き取って、水飴を与えて育てたのでした。


~・・・といった感じの、お話です~



この物語の結末は、成長して鍛冶職人となった赤ん坊が、母親の仇である山賊に再開し
かたきを討つ。あるいは、和解する。といった、2パターンが伝わっているようです。


そんな物語に登場する丸石が、今でも掛川市に残されています。


その場所は、掛川市と、島田市の、ちょうど境目付近。国道1号線の脇にある、丘の上。
pic_I1.jpg


小泉屋というお店の裏に、その丘の上へと続く階段が設けられていました。
pic_I2.jpg


こちらが、その夜泣き石です。遠州七不思議の内の1つにもなっているそうです。
pic_I3.jpg
なお現在、石が祀られているこの場所は、もともと石があったとされる峠道とは異なり
物語の舞台となった小夜の中山(さよのなかやま)は、ここから500mほど南となります。


また機会があれば、小夜の中山の方にある、夜泣石跡も見に行ってみたいです。


巨大な丸石には、山賊の刀があたってできたとされる、刀傷らしきものも見られます。
pic_I4.jpg
古くは、1700年代より、同様のお話が伝えられているそうです。
東海道を行き来する旅人の間で、語り継がれていのかもしれませんね。


また、和尚様が赤ん坊に与えたとされる水飴は、子育飴として、この地方の名物になっています。
pic_I5.jpg
安産祈願の祈りを込めて、小泉屋でも販売されているので、夜泣き石へ訪れた際の、お土産にいかがでしょうか。
ちなみに、小泉屋の定休日は、毎週木曜日となります。自分のように買い逃がさぬよう、お気をつけください。


小泉屋住所:静岡県掛川市佐夜鹿57-8  TEL:0537(27)1010  営業時間:8:00~18:30
小泉屋HP:http://koizumiya.com/html/page3.html


掛川市HP:https://www.city.kakegawa.shizuoka.jp/kankou/spot/rekishibunka/sayononakayama.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

わや猫さん DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

その他の静岡県の特派員

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 東海道3大難所の1つ 小夜の中山に残されし夜泣き石

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について