トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【はじめまして】ゼロからの富士登山

日本国内日本国内/静岡・富士特派員ブログ

【はじめまして】ゼロからの富士登山

カテゴリー:お知らせ / 自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2019年5月29日

皆様、はじめまして。今回より、地球の歩き方の静岡・富士特派員を務めさせて頂きます、わや猫です。
このブログを通じて、僕が生まれ育った静岡県の魅力をお伝えしますので、どうぞよろしくお願いします。

さて静岡県といえば、真っ先に思い浮かべるのは、やはり富士山でしょうか。

2013年に世界文化遺産に登録され、毎年、多くの登山者が訪れる富士山。

交通が発達した現代、大抵の人は、5合目の登山口から登り始めますが、
この富士登山に古くから伝わる、海抜0メートルの登山口がある事を、ご存知でしょうか?

それが、こちら。田子の浦港の東側、現在の鈴川と呼ばれる地区にある、富士塚です。
pic_A1.jpg

住宅街の中に現れた、赤い鳥居。一見すると、どこにでもありそうな神社に見えますが、
実は、この場所、富士登山において、とても重要な役割を持っているのです。

鳥居から先へ進むと、その富士塚が姿を現します。
pic_A2.jpg



現在のものは、昭和51年に復元されたものなのですが、元々は、富士登山者が
田子の浦の海で水垢離をして身を清めたあと、浜に落ちていた玉石を持ってきて
登山の安全を祈願して積み上げたものが、富士塚として祀られていたといいます。

古くは室町時代から、その記録が残っているそうで、今でも、こうして
その歴史に触れることができる、富士登山にとって重要な場所と言えるでしょう。


pic_A3.jpg

そんな海抜0メートルからの富士登山ですが、近年、田子の浦港の西側にできた
ふじのくに田子の浦みなと公園の方にも、新しく海抜0メートルの登山口が誕生しました。
pic_A4.jpg
(こちらの画像は、まだ園内に、富士山ドラゴンタワーが建設される前のものです。)

この富士山登山ルート3776は、富士市が公式に設定した登山ルートで、
市に挑戦企画書を提出し、道中にあるスタンプを、スタンプラリーシートに全て集め、
最後に富士山頂で記念撮影した画像を、スタンプラリーシートに貼って投函すると、
挑戦達成証と、チャレンジ達成ピンバッジを、記念にもらうことができます。

距離にして、およそ42kmと、フルマラソンと同じですが、その高低差は、3776m。
体力に自身のある人はもとより、日程を数回に分けてのチャレンジもOKとの事ですので、
もし興味があれば、富士山登山ルート3776のホームページをチェックしてみてください。
HP:https://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/sp/kb719c0000004p1m.html


季節や時間帯によって、様々な表情をみせてくれる富士山。
今後も、静岡の見所共々、その魅力をお伝えしていきたいと思います。
pic_A5.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

わや猫

日本国内・静岡・富士特派員のわや猫が現地から日本地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

日本国内日本国内/静岡・富士特派員
名前:わや猫

わや猫

日本一高い富士山と、日本一深い駿河湾に囲まれた、静岡県に生まれ育った自由人。 2008年に、はじめてデジタルカメラを購入して以降、様々な場所へと出かけるようになり、 訪れた先の景色や、興味をひかれた物などを、自身のブログ を通じて発信する活動を行うようになった。 最近では、動物園や水族館へも、よく通うようになり、生き物の撮影なども行っている。 DISQUS ID @disqus_P2kTLsPgLH

静岡・富士特派員トップにもどる

静岡県に泊まる

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

静岡・富士特派員トップにもどる

トップ > 日本 > 静岡・富士特派員 > 【はじめまして】ゼロからの富士登山

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について