トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フライブルク特派員 > 幻想的なRavennaschlucht のクリスマスマーケット

ドイツドイツ/フライブルク特派員ブログ

幻想的なRavennaschlucht のクリスマスマーケット

カテゴリー:イベント・行事・お祭り / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年12月26日

メリークリスマス!皆さんは今年どのようなクリスマスを過ごされたでしょうか。ドイツでは、クリスマス当日と、その次の日26日は第二クリスマスということで祝日になります。ですので、すべてのクリスマスマーケットがこの休日までには閉まってしまう(大抵最終日は23日)なのですが、今年私が足を運んだクリスマスマーケットのうち、ドイツのもので一番印象的だったものをご紹介します。来年ふとドイツに旅行を考えられた際に、ぜひ参考にされてみてください。


20171222Himmelreich_171225_0022.jpg

ドイツ、フライブルク市の近郊Rvennaschluchtというところで開かれるマーケット。これは、珍しく街中ではなく雪山の中にポッと開かれるマーケットです。古くからある鉄道の高架下で開かれるマーケットは、鉄道がいい感じにライトアップされて非常に幻想的です。ドイツ各地からも足を運んでくる人がいるほどです。


1.フライブルク中央駅からの行き方

フライブルク中央駅からHinmmelreich(ヒンメルライヒ)駅までは、普通電車で20分もせずに行くことができます。そこからはマーケットまで無料のシャトルバスが出ていて、トータルで30分程です。駐車場もありますが、事前予約制で結構埋まってしまっていることも多いようです。バスの名前は「Frohe Weinachten(メリークリスマスの意)」号。すべてのバスではありませんが、サンタクロースが運転して、中がクリスマスに飾り付けられている車体もあります。サンタの運転手さんは、行きがけにドイツ語ですが、マーケットにまつわる話を色々と解説してくれます。


20171222Himmelreich_171225_0002.jpg

バスは、30分に一本間隔、電車も同様なのでちゃんと電車バス接続するような形になっています。ただ、バスの込み具合はかなりすごいので、運が悪ければ立ち乗りになってしまうこともあります。


2.マーケットの様子

バス停に着くと、美しい雪景色(この時期フライブルク自体は全然雪がありませんでした!)と川の流れ、そしてあたたかな焚火が出迎えてくれます。


20171222Himmelreich_171225_0003.jpg

それから、スケート場も見えてきます。


20171222Himmelreich_171225_0005.jpg

可愛らしい木造のホテルや建物を過ぎると、最初の小屋が見えてきます。ここで、入場料(今年は大人一人4€、金曜日は3€でした)を払い、腕に巻くチケットをもらいます。それを巻いたら、坂をさらに上って、高架下に広がるマーケットへと向かいます。


20171222Himmelreich_171225_0007.jpg
20171222Himmelreich_171225_0031.jpg

マーケットには、シュバルツバルド(黒い森の意、この地方のこと)の名物も色々と見られて楽しいです。山の中で川も傍に流れているので寒いんじゃないかと心配な方もいると思いますが、各所に焚火がたいてあって、寒くなったらそこで温まることができます。おすすめなのが、焚火で焼くパン。焼いている間にあったまることができるし、焼きたてのパンはモチモチとしてとても美味しいですよ。


20171222Himmelreich_171225_0015.jpg

高架下は色んな色でライトアップされて本当に幻想的です。


20171222Himmelreich_171225_0020.jpg
20171222Himmelreich_171225_0030.jpg

お店も、シュトットガルトのものと比べて屋根の上は派手ではないですが、一つ一つ本当に可愛く仕上げられていて、ついついお土産を買いたくなってしまうようなものばかりでした。


20171222Himmelreich_171225_0026.jpg

注意した方が良いのは、ちょっと休憩とお腹を満たすのにレストランに入ろうと思っても、田舎なのでこの近辺にパッと入れるお店がそんなにないことです。特に、夜イルミネーションを見るような時間に近辺でそうした場所を探すことは困難なので、その点だけは考慮しておいた方がよさそうです。


そんなRavennaschluchtのマーケットの情報は、こちら から見ることができます。マーケットは、通常11月末から12月23日までの金、土、日の曜日限定で開催されます。また、入場料がかかります。お金を払ってでも十分に見に行く価値のあるマーケットなので、ぜひ、来年ドイツのクリスマスマーケットを見に行きたいなと考えている方は、旅行先に検討してみてください!


※情報はすべて2017年12月末時点のものです。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ブン

ドイツ・フライブルク特派員のブンが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/フライブルク特派員
名前:ブン

ブン

ドイツ・フライブルクには夫の仕事の関係で2年間滞在予定。旅行好きな夫婦で、渡独以降もヨーロッパ各地、暇を見つけては観光している。最近のヨーロッパ1か月旅行では6ヵか国24箇所を旅した。ヨーロッパでのLCCや格安鉄道、バスを効率的に利用しなるべく予算を抑えた夫婦旅、カップル旅に関する情報に特に詳しい。ドイツで働くべくドイツ語日々勉強中。ご連絡はこちらへどうぞ。 DISQUS ID @disqus_FUoGQZsN3b

フライブルク特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

フライブルクを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

フライブルク特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フライブルク特派員 > 幻想的なRavennaschlucht のクリスマスマーケット

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について