トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フランクフルト特派員 > 甦ったフランクフルトの旧市街

ドイツドイツ/フランクフルト特派員ブログ

甦ったフランクフルトの旧市街

カテゴリー:見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年5月16日

フランクフルト旧市街、レーマー広場から大聖堂にかけてのエリア。ここでは第二次世界大戦で破壊される前の街並みを再現すべく、2012年から復興プロジェクトが行われていました。


そしてこのたび遂に工事が完了し建設資材も撤去。一般にお披露目されました。


batch_P5157615.JPG
約7ヘクタールの敷地内では再建された15件に加え、新たに建設された20件の建物がひしめきあっています。建物の1階部分にはお店や飲食店が入るほか、上層階は住居として使用される予定。


batch_P5157622.JPG
レーマー広場から大聖堂へ続く道は、神聖ローマ皇帝が通った道。神聖ローマ皇帝の戴冠式が大聖堂で行われたあと、祝賀パーティーが行われるレーマー市庁舎まで新皇帝一行のパレードが続きました。


batch_P5157612.JPG
フランクフルトゆかりの人物といえばゲーテ。彼のおばさんの家もこの一角にあります。家の修復中、ゲーテ一家はここに仮住まいをしていました。


batch_P5157619.JPG
フランクフルト市民の多くも、写真でしか見たことの無かったこの一角。かつての街並みが再現されて喜びの声が聞こえる一方、「人工的すぎる」や「戦争の爪痕をまったく消し去ってしまっていいのか」という批判もあります。


とはいえあたらしく生まれ変わったフランクフルトの旧市街は、今後フランクフルトの貴重な観光資源になることは確か。筆者が訪れた際も、朝早くだというのに多くの人がカメラをもって訪れていました。


All Photos & Text: Asami Severini

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

セベリーニ亜沙美

ドイツ・フランクフルト特派員のセベリーニ亜沙美が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/フランクフルト特派員
名前:セベリーニ亜沙美

セベリーニ亜沙美

2012年よりドイツ在住。ニュース翻訳(独→日)のほか現地の観光、留学、文化について執筆、様々な媒体に寄稿。王道スポットからガイドブックに載らないような穴場まで、ドイツの魅力や現地の生活事情を紹介する。立教大学卒業。現在はフランクフルト大学大学院に在籍中。ブログ「Good Time Germany」、TwitterInstagram連絡先 DISQUS ID @disqus_Rf9JRrlH6J

フランクフルト特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

フランクフルトを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

フランクフルト特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > フランクフルト特派員 > 甦ったフランクフルトの旧市街

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について