トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > 意外と隠れ支持者の多い博物館、ミュージアム・クロック&ペール!

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

意外と隠れ支持者の多い博物館、ミュージアム・クロック&ペール!

カテゴリー:自然・風景 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年11月19日

こんにちは!オランダの秋としては暖かな日々を送っていましたが、やはりそう甘くはないようです。11月下旬よりいきなりガタっと気温が下がると言われています。本日の朝の気温は2℃でした。
<えー、嫌だな~!>と話すオランダ人と<今まで暖かかったのが普通に戻るだけよ~!>とポジティブなオランダ人がおります。まあ暑くても寒くてもオランダ人は文句を言いますのであまり関係ないような気がします。今年のオランダの風邪の特徴はのどの激しい痛みとかなり長く続く咳症状。旅行に来られる方は寒さ対策、用心して風邪薬などのご持参をお勧めします。

前回、ハロウィンの関係でカボチャ祭りを行っていた博物館、<クロック&ペール Klok & Peel>をご紹介しましたが、今回はこの博物館の通常の展示物についてご紹介します。

DSC09619.JPG


この博物館は<Klok時計>と<Peelペール、この地域の名前>の専門の博物館。歴史上、時刻を知らせる道具として使用されていた世界の様々な国の鐘が展示されているのですが、実際人気があるのは昔この地域に生息していた動物や今でも見かけることが出来る動物達の展示です。
子供達の人気を集めるのはやはりこのマンモスの化石。

DSC09657.JPG

この他にも現在でもよく見かける鳥達も展示。

DSC09655.JPG DSC09654.JPG

実はこの辺のペールという地域は国立自然公園があります。こちらのホームページから写真を見ることが出来ます。http://www.natuurparkenlimburg.nl/np/de-groote-peel#welkom


ここは沼地で大部分が底なし沼になっています。第二次世界大戦中もこの沼地に墜落してそのまま沈んでしまった戦闘機、パイロットもたくさんいたとか。
私も一度訪れたことがありますが、沼地の中に作られている散歩道には沼地に落ちないように柵があるところもありますが、ないところもあるので子供連れの際には手をつないで歩くことをお勧めします。
この博物館に展示されている鳥達はこの国立自然公園でよく見かけることが出来ます。
その他にも発見された化石を子供達が身近に見ることが出来るように展示方法も工夫されています。

DSC09656.JPG

こじんまりした博物館ですが、子供連れには最適な大きさだということから意外と人気の博物館です。ぜひ日帰り旅行として訪れてみてください。

<Museum  Klok&Peel>
ホームページ : https://www.museumklokenpeel.nl/nl/
住所 : Ostaderstraat 23, 5721 WC , Asten

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員のベッカーズ 絢嘉が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員
名前:ベッカーズ 絢嘉

ベッカーズ 絢嘉

オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

アイントホーフェン特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

アイントホーフェンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アイントホーフェン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > 意外と隠れ支持者の多い博物館、ミュージアム・クロック&ペール!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について