トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > 王家紋章入りの勲章を一般国民の方に授与!

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

王家紋章入りの勲章を一般国民の方に授与!

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年5月22日

こんにちは!!とても良い天気が続いているオランダでございます。そのお天気のお陰で我が家の庭にあるさくらんぼの木にもだいぶん実がなり、隙あらばそれを食べようとする鳥達と、そうはさせじとおもちゃの鉄砲や水鉄砲で対抗する我が子達の戦いが繰り広げられています。子供達が学校に行っている間は私が見張り番を任されています...。めんどくせぇ‥‥。


さて、前回の記事で国王誕生日(Koningsdag、4月27日)についてご紹介しました。今回はそれに関するもう一つのオランダの伝統についてご紹介します。

実は毎年国王誕生日の前日、つまり4月26日には<Lintjeリンチェ>という王家からの勲章を一般国民の中から選ばれた方が受賞するという伝統があります。この勲章は主に地域住民のために長年素晴らしい活動をしてきた方に贈られることが多いです。例えば長年ボランティア活動に従事してきた方、多くの人の役に立つような(助けとなるような)活動や団体を立ち上げた方(特に医療、高齢者介護など)です。
今年は我が町だけでも17人の方が受賞しました!!!この勲章は同日にオランダ全体で授与されるため、各市の市長が受賞対象者の家を回って授けられます。


この勲章を今年、私達家族が親しくしている近所の方が受賞しました!このおじいさんは退職される少し前から10年以上にわたって地域のコミュニティ活動や、老人ホームの庭の手入れ、一人暮らしの高齢者の家の大工仕事をしてあげたり、公民館で行われる地域住民のための行事や子供達のための工作クラブの運営などをすべて無償で行ってきました。私が出産後、なかなか家の周りの手入れが出来なかった時も頼んでないのに草むしりなどをしてくれたこともありました。後日お礼に花のブーケを持って行ったところ、<お礼なんて必要ないよ!>と本気で困った顔をされたのを今でも覚えています。困っている人には率先して手を差し伸べ、お礼をされるのを拒むほど本当に奇特な方です。


こちらがそのおじいさん、ヨー・アドリアンスさんと奥さんのデアさん。受賞のお祝いのパーティに招待されて行ってきました!


DSC_2661.JPG


これがヨーさんが受賞したリンチェ。


DSC_2662.JPG

写真ではちょっと見えにくいですが、真ん中に王家の紋章であるライオンが刻まれています。


日本でも一般市民の活動に天皇陛下からこのような勲章を授かることが出来たなら素敵なんだろうなと思いました。


オランダもアメリカのように行き過ぎたキャピタリズムになりつつある昨今ですが、このような伝統はぜひ後世に残していってほしいと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員のベッカーズ 絢嘉が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員
名前:ベッカーズ 絢嘉

ベッカーズ 絢嘉

オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

アイントホーフェン特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

アイントホーフェンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アイントホーフェン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > 王家紋章入りの勲章を一般国民の方に授与!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について