トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > ゴッホの絵画に入ってみよう!!

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

ゴッホの絵画に入ってみよう!!

カテゴリー:天気・気候・気温 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2017年2月24日

こんにちは~!本日オランダは全国的な強風のため、ノードブラバント州ではコードオランニェ(コードオレンジ)という警報が出ております。この警報は強風や大雨、大雪などの予想を超えた異常気象発生時に出されます。海側ではコードロード(コード赤)の警報が出ており、これはコードオレンジよりも深刻で、<外出しないように。>という意味。高速道路ではトラックが横転するなどの事故も発生しております。自然のことは私達の力ではどうすることもできませんが、観光客の方には残念な一日となってしまいました。ただ、明日にはこの天気は終わるらしいです。でも雨が降りやすい天気は少しの間続くようなので雨対策をしっかり行ってください。

さて、以前、アイントホーヘンから車で15分ほどの、Nuenen(ニュネン)という町をご紹介しました。この町はかつて、有名なヴィンセント・ファン・ゴッホが家族と住んだこともあるという町。今でもゴッホが住んでいた家、ゴッホがモデルとして描いた建物なども残っています。詳しくはこちら→https://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2016/05/post_42.html

今回はアイントホーヘンからこのニュネンに行く途中にある、ゴッホに関する素敵な場所をご紹介します。

これはゴッホの作品の一つである絵画、<星月夜(糸杉と村)>ネットで<星月夜、ゴッホ>で調べるとその絵を見ることが出来ます。


オランダ語では<De sterrennacht ステーレンナクト 星夜>。ゴッホの作品の中でも有名な絵画です。この星空(ぐるぐる巻きになってるやつ。すみません、庶民的な評価でねぇ!)を自転車用通路に模倣している場所があるんです。日中は太陽の光で全く分からないのですが、夜になって真っ暗になると通路上に浮かび上がってきます!この場所は<Van Gogh Roosgaardefietspad(英語名ではVan Gogh Bicycle Path)>と言います。それがこれ!

DSC08673.JPG

DSC08682.JPG

オランダ人にしては、しゃれたことしてくれたなっ!!これはとてもグッドアイデア!難点は写真にうまく写りにくいところ!!(やっぱりオチがあり!(笑))実際見てみるととても綺麗なのですが通路以外は真っ暗(人が歩けるほどの街灯はあるのですが、それでも真っ暗に感じます。)なので、写真が撮りにくいのです。なので、ここに行かれる方は肉眼にしっかり焼き付けてきてください!!また真っ暗にならないと通路に浮かび上がってこないため、夏に訪れると夜の10時半くらいまで見えないというのが欠点!この辺りは夏は夜の10時くらいまで外は明るいからです。冬だと午後4時半には真っ暗になるので時間的には余裕があると思います。


アイントホーヘン中心から少し離れたところにあるのですが、私が訪れた時は結構若い人たちのグループやお年寄りの散歩グループみたいな人達がいて、結構人気のようです!(お年寄り達は真っ暗闇の中、ベンチに座っていたので最初気づかず、かなりびっくりしましたが!いたのか!!みたいな!)

アイントホーヘン観光のついでに訪れてみてはいかがでしょうか??(アイントホーヘンよ、君、いい観光スポット持ってるじゃん!)


※アイントホーヘンのWolvendijkという通りからこの通路は始まります。一般の自転車用通路なのでタダ!!!
Wolvendijkまでの行き方 :アイントホーヘン駅からstadbus 5 ( ' t Hofke via Rembrandt Plein 行き)でバス停Pagelaanまで行き(約25分)、降車したバス停からバスが行く方向へまっすぐ歩いていくとWolvendijkという通りに出ます。それを左に曲がり、通りの最後までいくと道なりに見えてきます。ただ、ちょっと入り組んだ分かりづらい場所になるため、駅からタクシーで行かれるのが一番簡単な方法だと思います。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員のベッカーズ 絢嘉が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

オランダオランダ/アイントホーフェン特派員
名前:ベッカーズ 絢嘉

ベッカーズ 絢嘉

オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

アイントホーフェン特派員トップにもどる

その他のオランダの特派員

アイントホーフェンを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

アイントホーフェン特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > オランダ > アイントホーフェン特派員 > ゴッホの絵画に入ってみよう!!

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について