トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > デューラーとロマンチックな街並みのニュルンベルク

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

デューラーとロマンチックな街並みのニュルンベルク

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年7月27日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフよりもちむさがお送りします。

今回は、前回に引き続き、デュッセルドルフからおよそ360km、ニュルンベルクを訪れたときのことを書きたいと思います。
99A47F13-A0C5-40E9-B906-543278AADBEB.jpeg

ニュルンベルクといえば、これ。
2DB28A24-CFFA-4D70-965F-38612F237B47.jpeg

はい、私もこの泉の金の輪っかを回してお願い事してきました。

やっぱり、女子としてはこういったスピリチュアルなものは避けて通れない。(笑)

が、ニュルンベルクといえば、城壁の街並みとソーセージ、そしてもうひとつ。

ドイツで最も著名な画家アルブレヒト デューラーの出身地!!
0116AC49-B0C5-43B0-9E1E-7D86744CD69D.jpeg
この1500年の自画像の実物はミュンヘンにあるので、残念ながらニュルンベルクでは本物はみることができないのですが、
今回はデューラーの生家を訪れました。


デューラーの生家へ向かう途中も、通り名にデューラーの名前が入っていたり、
608F8D90-97B1-4191-8D16-0C9B98BB4EFD.jpeg


デューラーハウスの中も窓ガラスがすごく面白かったり。
FDDDB4AC-08DE-4370-A295-135713B89EBD.jpeg
ああ、このビン底がたくさん集まったような窓。初めてみたのですが、すごく可愛くて。


この窓から見える城壁がまたさらにロマンチック。


部屋の中にも古い印刷機があって、スタッフの方々実際に一緒に印刷をしてみてくれたりするので、なかなか面白いです。

印刷したものもおうちへお持ち帰りできます。


デューラーハウスのあたりはビアホールやレストラン、カフェも集まっているのでニュルンベルクの街並みを満喫しながらランチやお茶もできました。


今回の旅ではミュンヘンへは行かなかったので、ぜひ次、南ドイツを訪れるときはデューラーの自画像の本物を見てみたい!そう思ったニュルンベルク旅でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員のもちむさが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員
名前:もちむさ

もちむさ

2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

デュッセルドルフを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > デューラーとロマンチックな街並みのニュルンベルク

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について