トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > 南ドイツへ〜ヴィース教会と揚げパン

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

南ドイツへ〜ヴィース教会と揚げパン

カテゴリー:文化・芸術・美術 投稿日:2018年6月23日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


5月末から6月初め、気候のよくなったこの時期を利用して、初めて南ドイツへ旅行してきました。


今回の旅のハイライトはノイシュバンシュタイン城。


しかし、その前に近くの世界遺産ヴィース教会へ。
ECAEB309-1B85-452D-89C2-909EE4CCD840.jpeg

CF25CC3A-F446-47DB-BA0C-CA68E74A610D.jpeg

Wiese、ドイツ語で草地という意味ですが、外は確かにキレイな草原。
F006ED09-9521-4F0D-AC4B-2ECFB5D2BA55.jpeg

なんだかハイジがいそうな空間に、この教会はありました。

建物はすごくシンプルですが、中も外もフォトジェニックです。


そんなヴィース教会の隣のレストランで、気になるものを発見。
それは、
8038868D-E9F5-4DCB-AE93-A1409070D517.jpeg
揚げパン!!


南ドイツの揚げパンですが、ここではWies Kücherl という名前で売られてました。

今回の旅行では、ほかの場所では揚げパンにお目にかからなかったのですが、こちらの揚げパンはシナモンの香り漂う美味しいお味。


インスタ映えなヴィース教会を訪れた際には、揚げパンでおやつタイムもいいですよ。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員のもちむさが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員
名前:もちむさ

もちむさ

2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

デュッセルドルフを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > 南ドイツへ〜ヴィース教会と揚げパン

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について