トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > ドイツのエコバックを集めてみる

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

ドイツのエコバックを集めてみる

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 投稿日:2018年4月30日

こんにちは。ドイツ デュッセルドルフよりもちむさがお送りします。


先日、デュッセルドルフの中心部にお土産購入にもオススメなスーパーマーケットがオープンしました。
(EDEKA Zurheide Feine Kost ▶ Berliner Allee 52,Dusseldorf)
広くてちょっとおしゃれな店内に、行くたびにちょっとウキウキします。


そして、そちらで見つけたのがこちら。
P1000552.JPG


ジュート素材のエコバックです。

シックな感じですが、大きめサイズなので、ピクニックなどにも便利。
先日のキューケンホフ公園やボーフム鉄道博物館へもこれにお弁当などを入れて出かけました。


実はドイツでは、スーパー以外にもZARAやPRIMARKなど一部のお店を除いて、ファストファッションのお店などでもエコバックが当たり前で、数十セントの有料レジ袋を買わない場合は、畳んだ洋服をすっと店員さんがそのまま差し出してきたり。
最初のころはつい面食らってしまっていました。


そんなエコバック必須のドイツではいろいろなお店で有料のレジ袋といっしょにレジ横でエコバックが売られています。


たとえはスーパーマーケットのアルディALDIではこんなコットン素材の大きなマチ付きのもの。
P1000551.JPG


シンプルなドイツ語がかわいいです。


また、先ほどのEDEKA Zurheideではジュート素材の他にペットボトルからリサイクルされた素材のこのようなエコバックも。
P1000553.JPG
この素材はいろいろなお店のエコバックに使われていて、この上の写真右側の小さめなものはドラッグストアROSSMANNで販売されていたものです。

こういった素材も汚れが気にならない、また水に強いので海や旅行中の汚れ物を入れたりするににも便利です。


でも、私としてはドイツのエコバックとして欠かせないのはこちら。
P1000554.JPG


ドラッグストアdmのコットン素材のエコバックです。

こちらのエコバックは持ち手にドイツ語がプリントされていますが、袋部分はカラフルな無地一色。
大きさもスーパーマーケットのものより小さめですが、A4が余裕で入るサイズ。


しかも、写真のものはピンク色ですが、その時々によって、ブルー、水色、オレンジ、紫など販売されているカラーも様々なんです。


すでに持っていても、かわいい色をみつけると買いたくなってしまうこともしばしば。


ドイツのエコバックはどれもとてもお安く、1ユーロ~4ユーロのものがほとんどですので、お買い物の際にはレジ横のエコバックもちらりとチェックしてみてくだい。
もしかしたら、お気に入りになるエコバックに出会えるかも!?

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員のもちむさが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員
名前:もちむさ

もちむさ

2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

デュッセルドルフを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > ドイツのエコバックを集めてみる

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について