× 閉じる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > Bochum鉄道博物館Museumstageへ行ってみた

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

Bochum鉄道博物館Museumstageへ行ってみた

カテゴリー:イベント・行事・お祭り 投稿日:2018年4月16日

こんにちは。ドイツデュッセルドルフより、もちむさがお送りします。

昨日、デュッセルドルフ近郊の町、Bochumボーフムにある鉄道博物館Eisenbahnmuseum BochumのMuseumstageというイベントへ家族で行ってきました。
P1000522.jpg


Bochumは以前、クリスマスマルクトでご紹介したルール工業地帯の都市、Essenエッセンの隣にある町です。
日曜日はお天気にも恵まれ、屋外展示が多いこちらの鉄道博物館のイベントは本当に楽しく、小鉄な3歳の息子も大興奮。


こちらはドイツ最大の私設鉄道博物館で、広い敷地の中に何本もの線路や転車台があります。
P1000545.jpg
一部屋内展示もありますが、このMuseumtagに訪れると、車庫に収められている機関車が車庫から転車台を使って線路へ出され、敷地内の線路や転車台の上を何台も蒸気機関車やディーゼル車が走ります。
目の前で転車台が動くので、迫力も満点!
動かないときには、転車台の上に載ってみることもできます。


機関車たちは走るので、もちろん水の補給もします。
P1000512.jpg


きかんしゃトーマスのアニメーションなどで、蒸気機関車の水の補給シーンは見たことがありましたが、本当の蒸気機関車が水を補給する様は初めて見ました。
近くで補給しているのを見ることができるので、あんまり近いとちょっとだけ水が飛んできたり。
思ったよりずっと勢いよく出る水にびっくりします。


本当に水と石炭で走っているのだと実感できるので、なかなか面白いですよ。
P1000543.jpg


私が感動したのはおよそ90年前の機関車。
P1000542.jpg
こちらは車庫から出され、転車台の上でまるでファッションショーのようにくるくると回され、走る様は見ることはできませんでしたが、すごく古い車体はなんだかロマンを感じました。


他にも、屋内展示の郵便車やTOUROPA車両などもなかなか面白いですし、敷地内のホールでは鉄道模型フリマも行われており、普段なかなか見ることのないヨーロッパの鉄道模型をたくさん見ることができて、それもとても面白いですよ。


こちらの博物館のMuseumsetageは春と秋の年2回、次は9月15、16日にも開催予定です。


鉄道ファンでなくてもきっと楽しめるイベントだと思いますので、ぜひ一度いらしてみては。


■Eisenbahnmuseum Bochum(Eisenbahnmuseum Bochum-Dahlhausen)
 Dr.-C.-Otto-Strasse191,Bochum
 www.eisenbahnmuseum-bochum.de

この場所をGoogleMapで確認する

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員のもちむさが現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

ドイツドイツ/デュッセルドルフ特派員
名前:もちむさ

もちむさ

2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

その他のドイツの特派員

デュッセルドルフを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デュッセルドルフ特派員トップにもどる

トップ > ヨーロッパ > ドイツ > デュッセルドルフ特派員 > Bochum鉄道博物館Museumstageへ行ってみた