トップ > 北米 > アメリカ > デトロイト特派員 > 廃墟の中に現れるパブリックアート ハイデルバーグプロジェクト

アメリカアメリカ/デトロイト特派員ブログ

廃墟の中に現れるパブリックアート ハイデルバーグプロジェクト

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2018年1月30日

かつては人が住んでいた家が廃墟になり、今もそのまま残されていて、治安も依然良くはないデトロイトに地元の人以外が訪れる一角があります。
そこはハイデルバーグストリートという通りとその一帯で、廃墟の壁を水玉模様で塗ってあったり、空き地に廃車やカートが置かれ、数々のおもちゃや使われなくなった物が無数に並べられています。
これはこの地で生まれ育ったタイリー・ガイトンというアーティストがスラム化していくデトロイトとハイデルバーグストリートをアートの力で変えようという思いで1986年に始めた活動で、ハイデルバーグプロジェクトと呼ばれています。

アートに見えるかどうかはそれぞれ人によって思いは違うと思いますが、これらを見てデトロイトの現状や過去等、色々と考えさせられるのは事実です。

IMG-5746.JPG

雪の降る寒い日に行ったので人気も少なく、しんとして異様な空間でした。

IMG-5748.JPG


IMG-5753.JPG

IMG-5749.JPG

時計は何を意味するのか...。

IMG-5751.JPG

IMG-5744.JPG

IMG-5790.JPG

雪が積もった裸の人形や首のない人形...。
このプロジェクトには地元の子どもたちも参加。

IMG-5789.JPG

決して安全とは言えない場所なのでバスで行くのもおすすめできません。正直昼間でも怖さを感じました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

mayumi

アメリカ・デトロイト特派員のmayumiが現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

アメリカアメリカ/デトロイト特派員
名前:mayumi

mayumi

夫の仕事の関係でミシガン州デトロイト近郊の街に住んでいます。ボランティアで日本語講師をしながら日々楽しいこと、おいしい物を探索中。以前ドイツに暮らした経験もあり旅行大好き。ヨーロッパとアメリカの建物、食事、文化、習慣、言語、気質の違い等…興味は尽きません。緑と湖に囲まれた自然いっぱいのミシガンの魅力を発信していきます。 DISQUS ID @disqus_AhCsjO6DFt

デトロイト特派員トップにもどる

その他のアメリカの特派員

デトロイト(ミシガン)を旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デトロイト特派員トップにもどる

トップ > 北米 > アメリカ > デトロイト特派員 > 廃墟の中に現れるパブリックアート ハイデルバーグプロジェクト

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について