トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「ハウズ・カース・ヴィレッジ」をぶらり散歩【後編】

インドインド/デリー特派員ブログ

「ハウズ・カース・ヴィレッジ」をぶらり散歩【後編】

カテゴリー:文化・芸術・美術 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年8月28日

「ハウズ・カース・ヴィレッジ」をぶらり散歩【前編】はこちら↓。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/delhi/2016/08/post_387.html


「ハウズ・カース・ヴィレッジ」をぶらり散歩【中編】はこちら↓。
https://tokuhain.arukikata.co.jp/delhi/2016/08/post_388.html


デリー随一のおしゃれなスポットの「ハウズカースビレッジ」ですが、もとは、13世紀頃のデリー・スルタン朝時代のマドラサ(イスラム教の神学校)や貯水タンク(池)があったという場所。マーケットの奥に広がる巨大な公園に当時の面影を見ることができます。
281.jpg


看板の説明によると、集められたガラクタ石によって建てられたとのこと。インドにはこういった遺跡が至るところにあるので特別感が無くなってしまうのですが、多少崩れつつも何百年も立派な姿で残っているのだから驚きです。また、いまやヒンドゥー教イメージの大きいインドですが、かつてはイスラム教が大勢を占める国であったことも改めて気づかされます。
283.jpg 282.jpg


遺跡を少し見た後(←ひとまわりしようとすると丸一日かかる広さなのでお気をつけて!)は、マーケットのお店以外の風景をのぞいてみます。警戒感まったくなしで熟睡する犬と車の下で涼む犬。
284.jpg 285.jpg


大量の野菜をレストランに運ぶ馬。
286.jpg


壁を自在にペイントしている場所が多いのは、クリエーターの街である証?!
287.jpg 288.jpg


メイン通りから少し外れると、すっかり生活感のある風景になります。
289.jpg


中世と現代、さらには最先端と日常が隣接する「Hauz Khas Village(ハウズカースヴィレッジ)」の紹介でした。


※ハウズ・カース・ビレッジは、地下鉄ハウズ・カース駅、またはグリーン・パーク駅から車やオートリキシャで約10分。タクシーやオートリキシャを使って行く場合、長いですが「ハウズ・カース・ビレッジ」とフル名称を伝えてください。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

おすすめ記事

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「ハウズ・カース・ヴィレッジ」をぶらり散歩【後編】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について