トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「カロール・バーグ」をぶらり散歩【後編】

インドインド/デリー特派員ブログ

「カロール・バーグ」をぶらり散歩【後編】

カテゴリー:ショッピング・雑貨・お土産 / レストラン・料理・食材 / 見所・観光・定番スポット 投稿日:2016年6月20日

~「カロール・バーグ」をぶらり散歩【前編】https://tokuhain.arukikata.co.jp/delhi/2016/06/post_380.html ~の続きです。


昼ごはんをつい食べ過ぎたので、「しっかり歩かなければ!」と気合い十分に街歩きスタート(暑さで1時間が限界でしたが・・・)。中心は、店と屋台の集まるAjmal Khan Road(アジマル・カーン・ロード)です。売っているものも値段も、他のマーケットとさほど変わらず。ただ、この場所のいいところは、道幅が広いこと!誰かにぶつかることも急かされることもなく、ゆっくりと見て回ることができます。
0611.jpg 0612.jpg


↓ひとつひとつの衣装はかっこいいのだけれど並ぶとなんだかコワい・・・。服よりもマネキンの顔の違いが気になってしまう~。
0613.jpg


ライチとさくらんぼの屋台を発見。南国イメージのインドですが、北部では今がさくらんぼの最盛期。プラスチックの1パックが150ルピー(約230円)~、少し上げ底のダンボール小1箱が200ルピー(約310円)~で、はずれも少ないのでよく買います。素朴な甘さで食べ始めると止まりません。
0614.jpg


精悍な顔つきの靴磨き職人。ビーチサンダルを履いていた私にも「ポーリッシュ?」と話しかけてくるのですが、どこをどう磨くのでしょう・・・。
0615.jpg


Ajmal Khan Road(アジマル・カーン・ロード)を出て、地下鉄Jhandewalan(ジャンデーワーラーン)駅方面に歩くことにしました。来る途中に見えた巨大像が気になっていたのです。
0616.jpg


ゆっくり10分くらい歩いて到着。巨大像はヒンドゥー教の寺院になっていました。
0617.jpg


口が入口で、入ると経典の朗読が行われていました。
0618.jpg 0619.jpg


屋上ではお供え物の菓子作り中。
0620.jpg


途中、僧侶に呼び止められて、お祈りした後、幸運を願う赤と黄色の糸を手首に巻いてもらいました。インド人は自然にほどけるまでずっと付けておくのが習慣です。終了後、ひとり100ルピー(約160円)を要求されました。予想通りの展開に思わず失笑・・・。断って20ルピー(約30円)ほど置いて足早に去りました。手首の糸もなんとなく嫌になってきてはずしました。
0622.jpg 0621.jpg


この寺院のすぐ隣、Jhandewalan駅に到着。デリー暮らしではつい行動範囲が決まってしまいがちですが、少し足を延ばしてみると新たな発見がいろいろあるなあと思った一日でした。
0623.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。

nok

インド・デリー特派員のnokが現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

いっしょに読みたい 関連記事

最近の画像

画像一覧へ

カテゴリーから記事を探す

月別記事一覧

特派員プロフィール

インドインド/デリー特派員
名前:nok

nok

デリー特派員トップにもどる

その他のインドの特派員

デリー/ニューデリーを旅する

その他のエリアから探す

特派員募集中!

日本国内、海外を問わず特派員は随時募集しております。ご興味のある方はぜひご応募を!

デリー特派員トップにもどる

トップ > アジア > インド > デリー特派員 > 「カロール・バーグ」をぶらり散歩【後編】

PC版で表示

運営会社と個人情報保護について